close

お腹一杯食べて痩せたい人にぴったり!糖質制限ダイエット

タグ: , 2018/6/23

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

・合わせて読みたい→
糖質の取り過ぎをなかったことにする4つの秘訣(http://cocokara-next.com/food_and_diet/carbohydrate-secret/)


 糖質制限(低炭水化物)ダイエットは、ロバート・アトキンス博士が考案したダイエット法で、穀物やイモ類などの「糖質」を制限し、肉や魚や大豆などのたんぱく質源や野菜を中心とした食事にするというものです。エネルギーを生みだす栄養素「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の中で一番先に使われる炭水化物を制限し、その代わりに体脂肪がエネルギーとして使われる状態にすることで、肥満を解消するダイエット法です。

糖質制限ダイエット(低炭水化物ダイエット)の方法


 糖質制限(低炭水化物)ダイエットは、通常1日に必要とされる炭水化物(糖質)の量200~300gを20~40gに制限するダイエット法です。糖質を20~40gに制限するには、主食以外にもあらゆる糖質をカットする必要があります。

加工品・アルコールの糖質に注意
加工品には、うま味をだすために糖分が多く使われています。特に清涼飲料水やお酒には多く糖質が含まれますので注意が必要です。普段食べている商品の裏の栄養成分をチェックするようにしましょう。

果物は糖質が少ないものを選んで
果物にも「果糖」という糖分が含まれます。食べる場合は、比較的糖質の少ないイチゴ・グレープフルーツなどを選ぶようにしましょう。

甘い調味料は控えめに
砂糖はもちろん、みりんやソースなどの調味料やパンにぬるジャムなどにも糖質は含まれますので、使いすぎには気をつけましょう。調理に小麦粉を使う天ぷらなども控えめに。

 最近では、糖質オフの調味料や甘味料も出ていますので、上手に利用するとよいでしょう。

糖質制限ダイエット(低炭水化物ダイエット)の効果

 炭水化物(糖質)は「タンパク質」「脂質」「炭水化物」の中で一番先にエネルギーに変換されます。そして使われずに残ったものは体内で脂肪として蓄えられます。

 一方、糖質制限ダイエットは、糖質を制限することで糖質の過剰摂取がなくなり、脂肪が蓄積されにくくなります。また、糖質の代わりに体内の体脂肪がエネルギーとして使われ、脂質が燃えやすいカラダになるといわれています。

 糖質を制限することでインスリンの分泌を抑えることができるため、糖尿病の食事療法としても利用されています。

ここに注意

 糖質制限ダイエットを行う際には、以下の点に注意が必要です。

●糖質を制限することで、めまいや疲れ、イライラなどの症状が出ることがあります。体質に合わないと思ったらすぐにやめましょう。
●肉は脂肪の少ない部位を選ぶようにしましょう。主食を食べないため肉の量が多くなり、脂質やコレステロール過剰につながる恐れがあります。
●減量成功後、すぐに普通の食事に戻すとリバウンドしやすくなります。

・合わせて読みたい→
糖質の取り過ぎをなかったことにする4つの秘訣(http://cocokara-next.com/food_and_diet/carbohydrate-secret/)


「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧