全員プロの指導者!「ヤクルトの95年ドラフト4人衆」が凄すぎる

タグ: , 2019/11/25

一番の理由は・・・

 一番の理由には、当時の指揮官が野村克也監督だったことが挙げられます。

 同年のヤクルトは野村監督にとって就任6年目のシーズンであり、2年ぶりのリーグ優勝と日本シリーズ制覇を果たしたシーズンです。全カード勝ち越しでセ・リーグを制し、オリックスとの日本シリーズではイチローに内角高めの速球を意識させて攻略し、4勝1敗で日本一になったことは語りぐさです。

 まさに「ID野球」の全盛期と言えるでしょう。

 1年目からキャンプでは「ノムラの考え」をたたき込まれた。猛練習を終え、眠たくなる夜間には、座学での学習が課された。野球は「間」が多く、考える時間のある「頭のスポーツ」だと学んだ。準備の大切さを胸に刻み、野球に関する知識を貪欲に増やし続け、経験によって血肉化し続けた。

 その結果、感覚ではなく言語で、その妙味を伝えられるようになった-。

 4人はいずれも40代と若く、選手とともに汗を流し、心情を理解しながら、近い距離感で「伴走」できるというメリットもあります。

 真摯な人柄が球界で評価されているのも、4人の共通項と言えます。

 「ノムラのDNA」が2020年シーズン、若い選手たちにどれだけ伝播していくのか。注目していきましょう。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧