八重樫TKO勝ち「ボクシングも今なんか色々ゴタゴタありますけど、ボクサーは一生懸命やっています」

タグ: , 2018/8/17

4階級目の世界タイトルを大きく手繰り寄せ、松本トレーナーと抱き合う八重樫。リング下中央で手を叩いているのは井上尚弥。


 スーパーフライ級で日本人初の4階級制覇を目指す八重樫東(35=大橋)が前WBOアジア・パシフィック同級王者向井寛史(32=六島)と後楽園ホールで対戦し、再起2戦目を7ラウンドTKO勝利を飾った。

 交えた拳にボクシング人生の執念が込められていた。35歳と32歳のベテラン同士の対決。「疲れましたね。ボクシングができる喜びをかみしめながらリングに上がった。お互い年齢も年齢。引けない勝負だった」と八重樫が振り返るように、1ラウンドから両者の前がかりの攻撃的なスタイルがぶつかった。試合が動いたのは6ラウンド。右フックがクリーンヒットして向井をダウン寸前に追い込むと、7ラウンドも左右の強烈なパンチを浴びせてレフェリーが止めた。

・合わせて読みたい→
【対談】コンプレックスを強みに変えて強い者を倒す楽しさ 競輪・後閑信一×ボクシング・八重樫東(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/akirayaegashi-shinichigokan-conversation-02/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧