何度でも見たい! Bリーグ2019-2020の神プレー総ざらい

タグ: , , 2020/4/9

 新型コロナウイルスの感染拡大により、残念ながらリーグ途中での終了となってしまった今シーズンのBリーグ。

バスケットボールの魅力を紹介するテレビ番組「BS12水曜バスケ!」のMCおのののかさんはシーズン終了を残念がりながらも、「河村勇輝選手が1月下旬に三遠に加入してから大フィーバーを起こしてくれた。出場11試合で平均12.6得点。日本人4位という成績を残していて、高校生だけど堂々としている。本当に印象的でした」と、これからの日本バスケ界を引っ張る逸材の活躍に期待感を募らせた。





同じく解説の渡邉拓馬さんは今シーズン印象に残ったトピックスに、北海道の折茂武彦選手の引退を挙げ、「今季最後の勇姿を見られると思っていたけど、残念なことになってしまった。折茂さんの功績・活躍は忘れてはいけない。違った形で引退試合とか企画してくれたら嬉しい」と、レジェンドを労った。

また同番組では、「BBッとオブ・ザ・イヤー!」と題し、2019-2020シーズンの熱いプレーを独自の視点でセレクト。ドライブ、ディフェンス、アシスト、ダンク、ショットの5部門で紹介した。

・今すぐ読みたい→
高校生Bリーガー河村勇輝「目標は日本代表の正PG」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/high-school-student-player-yukikawamura/

<ドライブof the Year>


5位 篠山竜青(川崎)
第1節 川崎vs宇都宮 1Q
開幕戦で見せた今シーズン最初のビッグプレー。

4位 神里和(島根)
第7節 島根vs川崎 3Q
緩急のあるドライブでサイドから切り込んでのリバースレイアップ。

3位 齋藤拓実(滋賀)
第12節 渋谷vs滋賀 4Q
今シーズン最も成長を見せた、滋賀の新たなエースによる高速ドライブ。

2位 岡田侑大(三河)
第6節 東京vs三河 1Q
キレのあるドライブから、相手のブロックを華麗にかわすダブルクラッチリバース。

1位 河村勇輝(三遠)
第19節 三遠vs千葉 1Q
日本バスケ界の超新星がデビュー戦で見せた、速さとテクニック光るスーパードライブ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧