「球児の場合は、〇〇で握っているから」日本一の投手コーチが語る藤川球児と佐々木朗希の球の違いとは!? 橋上秀樹氏×佐藤義則氏対談

タグ: , , , , , 2022/6/1

 ダルビッシュ有や、田中将大などを育て上げた名伯楽は、令和の怪物・佐々木朗希をどう見ているのか。

 現役時代阪急で活躍し、ノーヒットノーラン達成など数多くのタイトルを獲得。引退後も投手コーチとして、ダルビッシュ有や田中将大の育成に携わるなど、数々の名投手を育て上げた佐藤義則氏をゲストに迎え、現役時代、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で語り合った。

【動画】佐藤義則氏が語る、藤川球児と佐々木朗希はどっちがすごい?ダルビッシュとマー君を育てた名伯楽が徹底解説!

 野村監督率いる楽天時代に、佐藤氏は投手コーチとして、橋上氏はヘッドコーチとして共に同じチームで選手の育成に関わった経験を持つ両者。そんなふたりが語る指導者論・育成論の話から、話題は佐藤氏の育ててきた名投手たちの話題に。

 佐藤氏は特に能力が伸びた選手について、日本ハム時代の吉川光夫投手などの名前を挙げながら振り返っていった。その中には阪神タイガースなどで活躍した藤川球児氏の名前も。同氏は、自分が在籍していた時に花が開いたわけではないと謙遜しつつも、1番伸びた選手として藤川氏のことを振り返って語った。

「彼はまだ自分がいた時2軍だった。それで岡田監督になって(自分も退団して)から抑えで150キロ投げるようになっていて、びっくりだった。元々すごく良かったらしいけど、ケガも多かったから1軍に行けなかった。元々スピンはいい投手だったんだけど。教えた内に入らないかな(笑)」

 と、藤川氏の急な成長に驚いた過去を語りながらも、元々光るものがあったとし、自分が指導に関わった選手の中では最も記録をつくる選手になってくれたと元阪神の守護神を褒め称えた。

 そこで気になるのは、「令和の怪物」といわれ、完全試合も達成した佐々木朗希だ。これには橋上氏もすかさず、「藤川球児と佐々木朗希のストレートって違うものなんですか?」と尋ねると、佐藤氏は、

「ちょっと違うな。球児の場合は、軽く縫い目にひっかけるように握っているからスピンが効く。でも佐々木朗希の場合は、腕の振り幅が大きいからあのスピードが出るように思う。上背があって、手足が長いから、バッターの近くまで手が伸びるから速く感じると思う。だから、フォークも凄く落ちているように見えると思う」

 と、藤川氏と佐々木朗希の球質の違いについて説明。佐々木朗希については、恵まれた体格を使いこなすだけの土台が、プロ3年目にして着々と積み上げてられた事が結果につながっていると分析した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧