元メジャーリーガーの岩村氏 プレーオフほろ苦デビューとなったレッドソックス・澤村について「原因は・・・」

タグ: , , , 2021/10/17

 ヤクルトや大リーグのレイズで活躍し、現在は独立リーグ福島レッドホープスの監督を務める岩村明憲氏(42)が17日、TBS系情報番組「サンデーモーニング」にリモート出演。レギュラー出演している張本勲氏(81)が野球教室で「欠席」したとあって、野球評論家の東尾修氏(71)と共にスポーツコーナーを担当した。

・今すぐ読みたい→
本塁打王を逃した大谷、後半戦失速の要因を元メジャーリーガーが語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-analyse-shoheiotani-02/



 プロ野球の大詰めを迎えたペナントレースに関しては原巨人が10連敗を喫したことについて、東尾氏は「ちょっと雰囲気が悪すぎますよね。野手の方がちょっと真面目にやりすぎというか。もっと明るい雰囲気でやって欲しいですよね」と提言すると、岩村氏も現在のチーム状況を「勝てないときってやることやること、いい方向にいかない」と分析。その上で、巨人に関しては優勝経験者も多いことから「積極性を持ってやれば光が見えるはず」とエールを送った。

 大リーグの話題ではア・リーグ優勝決定シリーズでアストロズ戦に登板したレッドソックス澤村拓一投手(33)についても言及。15日(日本時間16日)のアストロズ戦、3―4と1点リードされて迎えた8回、7番手としてマウンドに上がった澤村だが、四球、左前打、死球で無死満塁のピンチを迎えるとアルトゥーベに犠飛を許したところで降板となった。結局3分の1回を1安打1失点2四死球の乱調で勝敗はつかず。プレーオフ初登板が苦しい内容となった理由について岩村氏は登板間隔が空いたことを指摘。ヤンキースとのワイルドカード、レイズの地区シリーズ、いずれも登録外だったことで「自分でも納得できない投球内容になってしまったのではないか」と持論をのべていた。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
巨人・原監督 異例の「続投報道」の裏側 見え隠れする指揮官の思惑とは
日ハム・杉谷は栗山監督の「置き土産」? 退任発表の日に打率1割未満の杉谷起用で波紋広がる
巨人梶谷 年俸2億円男が今季終了!異例の「大ハズレFA」で原全権監督に影響も

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧