中日・大野雄大もレッズ・秋山翔吾も落選…2010年大学日本代表選考の「謎」

タグ: , , , 2020/10/23

 このオフのFA市場では、中日のエース左腕・大野雄大投手が強烈な存在感を示しています。

 「今年は巨人の菅野投手が13勝1敗と異次元の成績を残していますが、大野投手は勝るとも劣らない数字です。防御率1・92は菅野投手の2・02よりも良く、9完投に5完封と大車輪の活躍。奪三振数も菅野投手より上ですからね。先発完投型の投手に贈られる沢村賞は大野投手にこそふさわしいとの声もあるほどです」(在阪スポーツ紙記者・成績は10月21日現在)





・今すぐ読みたい→
ヤクルトよりマシだけど…中日は2014年暗黒ドラフトのトラウマを払拭できるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-2014-draft-players/


 しかし、そんな最強サウスポーも10年前の夏は、悔し涙に暮れたと言われています。

 大学生の野球選手なら誰もが夢見る日本代表にまさかの落選を味わったのです。

 2010年に時を戻しましょう。アマ球界は斎藤佑樹、大石達也、福井優也の3投手の「早大BIG3」や中大の澤村拓一投手が人気を集めていましたが、左腕では佛教大の大野投手が人気を集めていました。

 「京滋リーグでは完全試合を達成するなど抜きん出た存在。4年春には優勝して全日本大学野球選手権に出場し、東京ドームでは北の強豪・東北福祉大を2安打完封。スカウト陣の評価を決定的にしました。当然、大学ジャパンに選ばれると思っていたのですが…」(前述の記者)

 初の日本開催となる世界大学野球選手権の代表メンバーを選ぶため、平塚で合宿が行われます。ここで大野は懸命にアピールしますが、結果は落選…。当時のアマ野球担当記者は誰もが耳を疑ったそうです。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧