モトGPクラスでスズキのジョアン・ミルがワールドチャンピオンに「人生の全てを懸けて戦ってきた。本当に信じられない。」

タグ: , , , 2020/11/18

 オートバイのロード世界選手権・モトGPクラスでスズキのジョアン・ミル(23)=スペイン=が自身初のワールドチャンピオンに輝いた。15日の第14戦バレンシアGP(スペイン)で7位に入り、最終戦を待たずに決めた。スズキの選手が最高峰クラスの王者となるのは2000年に500㏄クラスを制したケニー・ロバーツjr(米国)以来、20年ぶりだ。

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/

チャンピオンを獲得したスズキのミル(スズキ提供)


 「人生の全てを懸けて戦ってきた。本当に信じられない。笑っていいのか、泣いていいのか。感情が入り交じっているよ」とレース後の取材でミルは気持ちの高ぶりを抑えきれない様子だ。スズキにとっては初のチームタイトル。同社は今年が創業100周年の節目にあたり、鈴木俊宏社長は「2015年にモトGP復帰以来、数々の苦難を乗り越えて、一年一年着実に成長し、遂にチャンピオンを獲得したこのチームを誇りに思うと共に、次の100年に向けて、よいスタートを切ることができたと考えております」とのコメントを発表した。

 昨季までは絶対王者と呼ばれてきたホンダのマルク・マルケス(スペイン)の独壇場だった。今季も開幕前は5年連続7度目のタイトルへ向けて大きな期待がかかったが、実質的なモトGP今季初戦となった第2戦スペインGPで転倒し、右上腕骨を骨折。それがケチのつけ始めだった。

 早期復帰を目指し、患部に固定用のチタンプレートを埋め込んで続くアンダルシアGP(スペイン)に強行エントリー。痛みを押してフリー走行にも出走するも予後不良は否めず、決勝出走を断念した。ところが無理がたたって固定したチタンプレートにダメージを受けていたことがレース後に判明。再手術を余儀なくされ、その後は実戦復帰できなかった。





 ホンダは5年連続26度目の製造者タイトルが今季かかっていた。それがマルク離脱で勝ち頭がいなくなり、ここまで表彰台が1度もないという異常事態となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧