中嶋一貴、父親同様30代での現役引退「レースを始めるきっかけをくれた両親に感謝したい」

タグ: , , , 2021/12/6

 トヨタ自動車は6日、同社のモータースポーツ活動「トヨタガズーレーシング」の来季体制発表会を東京都内で開き、F1や仏ルマン24時間レースでも活躍した中嶋一貴(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。今後は独ケルンにある欧州拠点「トヨタガズーレーシングヨーロッパ(TGR-E)」の副会長としてレース活動の運営を担う。

トヨタ自動車の豊田章男社長から花束を贈られた中嶋一貴(トヨタ自動車提供)

・今すぐ読みたい→
WEC勇退の中嶋一貴が優勝し有終の美「ファイナルラップでは、感情を抑えきれず・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazukinakajima-crowning-glory/



「WEC(世界耐久選手権)のレースドライバーを退くことはすでに発表されていますが、それと同時に、今年いっぱいをもってレーシングドライバーの立場からも退くことを自分自身で決めました。この場で発表させていただけること、本当に感謝しています」

 11月に開催されたの世界耐久選手権(WEC)最終戦「バーレーン8時間」の開幕直前にトヨタチームのドライバーから退くことが発表され、勝利で有終を飾ったが、それがドライバーとしてのラストランとなった。

 36歳での引退は非常に早い。F1でも現役最年長で今季限りでF1を引退するアルファロメオのキミ・ライコネンが42歳。アルピーヌのフェルナンド・アロンソも40歳。米インディカーに参戦している佐藤琢磨は44歳だ。国内レースに目を向けても40代以上でレースを続けるドライバーは多い。





 ただし、30代で選手活動をきっぱりとやめた選手もいる。それが一貴の父親で日本人で初めてF1にフル参戦した中嶋悟さんだ。F1最終年だった1991年に現役を引退。その時は38歳だった。

 引退前に自身のレーシングチーム「ナカジマレーシング」を立ち上げており、その後はチームOBドライバーの野田英樹、中野信治、高木虎之介の3人をF1に導いた。現在は国内トップカテゴリーのスーパーフォーミュラとスーパーGTで活躍を続けている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧