久しぶりに日本でのプレー姿を披露する錦織圭にインタビュー「進化したいという思いは、前よりも強くなっている」

タグ: , , 2020/12/4

 錦織圭、国枝慎吾、ダニエル太郎、西岡良仁ら日本のトッププレーヤーが登場する「WOWOW開局30周年記念番組 WOWOWテニスフェスティバル2020」が、12月5日(土)に無料放送される。番組はエキシビションマッチや選手らによるトークセッションなど、盛りだくさんの内容。さらに放送終了後には、錦織圭×松岡修造スペシャルトークセッション「錦織圭 Meet&Greet」がWOWOW メンバーズオンデマンド、公式インスタグラムでライブ配信される。

(c)WOWOW

・今すぐ読みたい→
「日本のメディアは酷い。世界中で笑われる」 大坂なおみの記者会見に落胆の声 https://cocokara-next.com/stress/voice-of-discouragement-to-the-press-conference/





 このWOWOWテニスフェスティバル2020の前日に、錦織選手のインタビューがオンラインで行われた。錦織選手が日本のメディアの前で話すのは久々ということもあり、多くの新聞社、テレビ局なども参加するなど注目度の高いインタビューとなった。

 まずは、明日のイベントについて、「久しぶりの日本での試合、イベントになるので、とても楽しみしています。残念ながら生で見られるお客さんはいないのですが、WOWOWで放送されるので、多くの方に見てもらえたらうれしいです」と意気込みを語った。明日は、錦織圭/国枝慎吾 vs 西岡良仁/三木拓也というニューミックスダブルスに出場し、日本で久しぶりにプレーを披露。また、WOWOWテニスアンバサダーの伊達公子や松岡修造らを交えた番組内でのトークも予定されている。

 囲みインタビューでは、今シーズンの感想についての質問が多く出た。2020年の錦織選手は、9月の「ATP250 キッツビューエル」に試合としては約1年ぶりに出場。そして、全仏オープンまでの4大会に出場した。

「テニスの大会も少ない中で、僕もケガで1年、大会でプレーすることができませんでした。ですから、試合の感覚を取り戻すのに苦労しました。取り戻してきたかと思ったら、シーズンも終わってしまいました。今年、勝ち進んでトップ10とは対戦できなかったので、そこはとてももどかしく感じています。早くトップ選手と戦いたいという思いは、今年は強くありました」と2020年シーズンを振り返った。

 また、プレーができない中でも、テニス界の変化については感じることがあったと言う。


「すべての選手が感じていると思いますが、今年は本当に大変な年でした。そんな中でティーム、ズベレフがすごく活躍し、ルブレフなどの新しい選手も顔を出してきました。また、ATPファイナルズでもメドベージェフが優勝したりして、テニス界が面白くなってきたと感じています」

 そして、記者の質問は今のコンディションと来年の抱負へと移る。

「試合で肩を痛めたので、まだサービスの練習はほとんどできていない状況です。ただ、そのほかはしっかりと練習できています。日本に来る前にも、2週間ほどアメリカでトレーニングをしてきました。このあとアメリカに戻ってからは、肩をしっかりと治して練習をしようと思います。肩のほうは、今もリバビリも行っていますが、来年には確実に大丈夫な状態になっていると思います。焦りはそんなにありません」と肩のほうは順調に回復していることをアピールした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧