日本ハム・清宮 若手続々アピールで開幕一軍に「黄信号」気になる「修正ポイント」とは

タグ: , , , 2022/3/9

 新庄ハムの快進撃が止まらない。8日のロッテとのオープン戦(鎌ケ谷)に日本ハムは5ー5の引き分け。この日から合流した新外国人のヌニエスを8回に代打起用し、初安打と結果を残させると、同じく8回に出た代打の万波が3号3ランを放つなど大暴れでここ6試合は負けなしと絶好調。一方、状態が心配されているのはあのロマン砲だ。

・今すぐ読みたい→
やはり実質上の「戦力外通告」だった!?日ハムノンテンダー問題にプロ野球選手会が抗議文 浮かび上がる「問題点」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-non-tender-problem/


 驚異的な粘りでドローに持ち込んだ新庄監督は、8回に代打で同点3ランをマークした万波について「あれ以上の結果ないでしょ。雰囲気あると思ったんで、いくぞって」と声を弾ませた。オープン戦で好調を維持している万波はここまでのオープン戦で3本塁打をマーク、打率・438と目指す開幕一軍に向け、アピールを続けている。

 さらにこの日は2軍から招集した高浜も4の4と結果を残した。「沖縄(キャンプ)で打てなくてファームに落とされていたので。少ないチャンスでしっかり結果を残そうという気持ちで臨みました」と勢いづく「新庄列車」に乗り遅れまいと、ナイン誰もがアピール合戦となっている。

 そんな中、気になるのはプロ5年目の清宮の状態だ。キャンプイン時は指揮官指令の9キロ減とシャープな体つきで打撃への好影響も期待されたが、オープン戦はここまで5試合に出場し11打数2安打、0本塁打、打率・182(8日現在)と振るわない。





 「巨人戦では恒例のガラポンで惜しくも4番のチャンスを逃したことが話題になりました。注目を集める巨人戦で4番で先発出場し、大暴れとなれば絶好のアピールとなりましたが、そういう点も残念ながら持っていません。開幕まで各選手の状態を見極めるフェーズに入る中、今後は1試合フルに出るという機会も減ってくる。万波のように代打でもしっかり結果を示すことが求められます」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧