「権田ハンパない」世界1位・ブラジル相手の0-1善戦に称賛の声「PKがなけりゃな~」

タグ: , 2022/6/6

日本代表はネイマール(右)への執拗なマークで潰したが、PKで決勝点を挙げられた。(C)Getty Images

 森保一監督率いる日本代表は6月6日、国立競技場でブラジル代表と対戦。FIFAランク1位の強豪を相手に、怪我人を除く現状のファーストチョイスで挑んだが、善戦及ばず0-1で敗れた。

【注目】「まさにゴージャス!」ザギトワ、バカンス先での“黒ビキニ”ショットにファン喝采!「見事なまでに美しい」

 日本は開始2分にネイマールのヒールパスで、いきなり決定機を作られたものの、この場面はパケタのシュートがポストに阻まれて事なきを得る。しかし、その後も徐々に圧力を強めてくるブラジルに押し込まれ、防戦一方の展開に。時折、中盤の高い位置でボールを奪って攻撃に移るものの、相手を崩すような効果的な形は作れない。前半終了時のシュート数は、日本の2本に対して、ブラジルは15本。数字通りの展開で、日本は耐えしのぐのが精一杯だった。

 後半が始まると、日本は原口元気に代えて、2日のパラグアイ戦で違いを見せた鎌田大地を投入。さらに66分に古橋亨梧→前田大然、72分には伊東純也→堂安律、南野拓実→三苫薫と次々に札を切って前線をリフレッシュさせた。しかし、75分にゴール前の混戦からPKを奪われ、これをネイマールに決められて先制点を許すと、そのまま0-1で試合終了の笛を聞いた。

 敗れたものの、最少失点に止めた懸命の守備に対して、ネット上では「権田ハンパない」「PKがなけりゃな~」「こんなに善戦するとは思わなかった 日本代表のこと見直した」「ここまで頑張れたのマジですごいと思う」などと評価する声が上がった。

 試合後、森保監督は、「ブラジル相手に我慢強く戦えて、攻撃でチャレンジするところはしてくれた。勝つにはまだまだクオリティを上げていかなければいけない」と収穫と課題を述べ、吉田麻也も「今日のテーマとして立ち上がりに失点しないことと、0-0の時間を長くすることはよかったが、南米予選などのシリアスな試合とは違うと思うし、本戦ではもっと厳しくなると想定して戦わなければならない」と前を向いた。

 日本代表は今後、10日にキリンカップでガーナ代表と対戦する。次戦こそ勝利をもぎ取り、11月のワールドカップに向けた足がかりとしたい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「早期決着もあり得る」井上尚弥vsドネア戦で勝敗を分ける“3つのポイント”は?元世界チャンピオンの木村悠が世紀の一戦を占う!
【関連記事】巨人・中田が再び登録抹消!指揮官が漏らしていた「あの不満」とは
【関連記事】「死の組」と騒いでるのは日本だけ!世界的に見れば「ドイツ、スペインの2強グループ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧