【フィギュア】「エンターテインメントとして当たり前」高橋成美が感じるペア競技のあり方の変化とは

タグ: , , , 2021/12/18

 先日、来年2月に開催される北京五輪において、フィギュアスケート団体戦出場権の獲得が国際スケート連盟(ISU)より発表された。

シングル男女、ペア、アイスダンス4種目の合計値で争われる団体戦。2014年ソチ五輪より導入され、日本は過去2大会とも5位。

だが近年、ペア、アイスダンス競技の強化を進めていることから、今大会では、初のメダル獲得も大いに期待されている。

特にペア競技は、今シーズン、グランプリシリーズで2大会連続表彰台に上がるなど躍進を遂げている木原龍一&三浦 璃来組の活躍もあり、以前に増して注目度が高まってきている。

そのペア競技について元日本代表・中野友加里さんのYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」では、ゲストにソチ五輪ペア代表・高橋成美さんを迎え、近年起きているペア競技の変化について語られている。

【動画】ペアを経験して〇〇が楽しめなくなった!?高橋成美さんが感じた現在のペア競技とは

エンターテインメントとして当たり前


ペア競技の醍醐味といえば、リフトやスロージャンプと言ったダイナミックな技の数だろう。それゆえ、これまではいかに難易度の高い技をやるかということに注目が集まりがちだったが、高橋さんいわく、近年はこんな観点から時代が変わってきているように思うという。

「すごい変わってきましたね。何かルールが変わったというよりは、誰かがどんどん壁を壊していくんですよね。今までだったら『ペアはこれくらいの表現力でしょう』で済んでいた。それが、例えば中国の隋文静&韓聰ペアとかが、アイスダンス並の表現力を出してきたら、それを出す出さないで差がついてきてしまうので、みんなそれを出そうとするんですよね。そうすると、みんなエンターテインメントとして当たり前。内側じゃなくて外側にもアピールしようとしているんです」

「エンターテインメント」としての演技。今シーズン、それを感じた一面があったと高橋さんは話す。





「NHK杯で優勝したロシアのアナスタシヤ・ミシナ&アレクサンドル・ガリアモフ組は今までのペアにはない、何か一つの作品を見ているような演技をしていました。観客のことまで気を遣い、表情までやるんですよね。そういうところが変わったと思いましたね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧