【フィギュア】「エンターテインメントとして当たり前」高橋成美が感じるペア競技のあり方の変化とは

タグ: , , , 2021/12/18

今までではなかったブラッシュアップ作業

フィギュアスケート界全体で見ると、近年は4回転ブームが到来しており、男子のみならず女子でも当たり前になってきている。

高橋さんによると、コロナ禍が訪れるの前までは、シングルの勢いと同じくらいペアでも4回転ブームになっていたというが、コロナ禍をきっかけにそのブームは消えつつあるという。

その理由とは一体どのようなものなのだろうか。

「一つは表現の点数がより高く評価されるようになったことですね。あとは質の高いトリプルジャンプをやった方が点数が伸びることがあること。
加えてコロナの影響で練習ができなくなってしまったこともあると思います。練習ができる機会が減ってしまったことで、怪我をしたらリハビリできる時間が少なくなってしまう。そういった背景もあって、4回転は皆やらなくなってきているように思いますね」

重要視される点が変わってきたほか、コロナ禍での怪我のリスクとの兼ね合いもあり4回転に挑戦する選手が減った。一方で、それ故に以前より変わった傾向も感じ取れるという。

「サイドバイサイドジャンプ(※ペアの2人が隣り合った位置で同じ技を行うこと)の難易度が格段に上がりました。コンビネーションジャンプも、3連続にすることが当たり前のようになっている。みんな限られた要素の中で点数をとっていこうというような動きに入っているように感じます。なので、大技をやっておけばいい、ではなく、大技はやって当たり前。そしてそれに加えて他で勝負がかかっているから、今までではなかったブラッシュアップ作業を皆やるようになってきました」

動画内ではさらに、高橋さんがペアを経験して楽しめなくなったというあるものについても語られている。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
【フィギュア】「降りる降りないは女性の責任」「『太った』を言わせない」高橋成美が繰り広げるペア競技トーク
【フィギュア】ペア競技の「トライアウト」は「バチェラー状態」!?高橋成美が実情を語る
高橋成美が明かす五輪時の苦労と木原龍一選手への想い「ペアに誘ったのに自分が楽しくない状態を作っちゃったなと」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧