現役ラガーマンが明かす、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の感動秘話・・・「局関係なくW杯が成功するように」

タグ: , 2021/1/28

 日本のラグビー史を大きく塗り変えた2015年、そして日本中に感動を巻き起こした2019年のラグビーW杯によって、到来したラグビーブーム。

そのおかげもあってか、近年ニュース番組やネットニュースなどでも、ラグビーに関する内容を目にする機会も、大いに増えたことだろう。

元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTubeチャンネル「田中大貴のアスリートチャンネル」では、ゲストにラグビー元日本代表で現在はアメリカ・メジャーリーグラグビーにて活躍する畠山健介さん、トップリーグ・NECグリーンロケッツに所属し、現トップリーグ選手会長を務める川村慎さんが出演。

今起こっているラグビーブーム、さらには、あのドラマの感動秘話まで、ファン必見の内容が語られた。

・今すぐ読みたい→
セブンズ代表候補・藤田慶和が抱く五輪への思い「セブンズを文化として根付かせたい」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshikazufujita-tokyo-olympics/

少しずつラグビーの認知度が高まってきた


2011年、2015年と過去2度にわたりW杯出場経験のある畠山さんは、日本中に旋風を巻き起こしたラグビーブームについてこう語る。

「2015年に(南アフリカに)勝利したことをきっかけに、そこから2019年のW杯もあったので、少しずつラグビー の認知度が高まってきたかなという感じはしますね。」

さらに、現トップリーグ選手会会長の川村さんは、

「間違いないですね。LINEニュースやYahooニュースを見ていても、少しずつラグビー の要素が増えてきていますしね。松島(幸太朗)くんがフランスでトライしたとか出てくるようになったのも、あの2015年、2019年のW杯のおかげかなと思います。」

と、ラグビーブームを身をもって感じている様子を明かした。

そのラグビーブームを巻き起こすきっかけとなったのが、2015年に開催されたラグビーW杯。それまで一度もW杯で勝ち星のなかった日本が、当時世界ランク3位の南アフリカ相手に劇的な逆点勝利を収めた試合だった。





当時の様子について畠山さんはこのように振り返る。

「現地イギリスでテレビを見ていたら、NECが特集されていたんですよ。おそらく、日本の勝利によって急にすごい事になって、とりあえず日本のラグビーを取材しろってなったんでしょうね。その時NECは所属選手1人も代表がいなかったんですが・・・(笑)凄いなと思いましたね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧