現役ラガーマンが明かす、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の感動秘話・・・「局関係なくW杯が成功するように」

タグ: , 2021/1/28

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の感動秘話

2019年のW杯が行われた年には、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」が放送されていたことも記憶に新しい。番組には、2人の大先輩である、ラグビー元日本代表・廣瀬俊朗さんが出演。廣瀬さんのドラマ出演について川村さんは

「僕らは本当のトシさんを知っているから、見ていてちょっと恥ずかしかったですね(笑)トシさんやってんなー!みたいな。」

と、コメント。一方畠山さんは、

「トシさんの他にもラグビー関係者が結構出ていて、僕の後輩も出演していたんですが、くそ大根芝居で(笑)なんか酷いことを言われて、大泉洋さんを睨むシーンだったんですが、そんな睨み方しても見えてないやろくらいの角度で、どこ見てんねんって感じでしたね(笑)」

と、後輩の演技に言及する一面もあった。

そんな中、本チャンネルナビゲーターの田中は、「ノーサイド・ゲーム」の演出を手掛けた演出家・福澤克雄にまつわる、こんなエピソードを明かした。

「福澤さんと講演をやった際に、ドラマのエピソードを高校生に色々と聞いてもらったんですが・・・。あれ凄いのは、ラグビーW杯の放映権って、日テレとNHKじゃないですか。じゃあなぜTBS、しかもゴールデンでドラマをやるのか。福澤さんは会社にお願いをして、『これは、会社のためだけでなく、ラグビー界・スポーツ界のために僕はやるんです。』と言って会社にOKもらったらしいんです。凄いですよね。」

すると、このドラマの第1回のミーティングに参加したという畠山さんも、

「その時も福澤さんは、『これは局とかそういうことじゃない。ラグビーをみんなで盛り上げるためだ。だからTBS側で作ったとしても、ちゃんと日テレさんにバトンを渡してラグビーW杯が成功するように』という思いでミーティングに参加していたんです」

と、福澤さんの熱意に感心したと明かした。

さらに動画では、ラグビーW杯後の待遇の変化や、「社員選手」と「プロ選手」の違いについてなど、ラグビーファン必見の内容が語られている。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
「日本のラグビーは、魅せ方が下手」ラグビー・畠山が語る、ラグビーの真の魅力!
「いける、という確信を持っていた」ラグビー・畠山が語る、南アフリカ戦の舞台裏
結婚、引退・・・皇治が明かすプライベート。シバターとの対決は「やりたくないなら通り魔みたいな話」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧