断トツ最下位から2位に躍進、CS敗退の要因 ヤクルト退団コーチが語る1

タグ: , , 2018/11/1

 2017シーズンは球団ワーストの96敗でダントツの最下位から、一年で交流戦最高勝率、レギュラーシーズン2位と躍進した。2018年シーズン限りで退任した前バッテリーコーチ・野口寿浩さんから見た、クライマックスシリーズ敗退の要因とは…?

・合わせて読みたい→
「前年王者ソフトバンクをも飲み込むマツダスタジアムの雰囲気」西武前作戦コーチ・橋上氏が語る日本シリーズ2(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-interview-02/)

「慢心はあったかもしれない」


――クライマックスシリーズのファーストステージでは、第1戦の先発が小川投手、第2戦が原樹理投手でした。小川投手と巨人の菅野投手とのエース対決も期待されましたが、この先発の順番にはどのような意図がありましたか?
野口:今年安定して投げてくれたピッチャーから順番に投げさせようということになっていました。相手がどこになろうがそれで行こうと。

――今シーズン対巨人戦は勝ち越していました。対策などはありましたか?
野口:対戦相手がジャイアンツと決まったのはギリギリでしたけど、先発に関しては予定していた通りに行こうと。ただ、小川はジャイアンツ戦8連勝中だったので、頭は一つ取れるなという、慢心ではないけど、そういう雰囲気がチーム内にあったかもしれません。原樹理もシーズン後半から好調でしたし、菅野は神宮のマウンドが得意ではないと聞いていたので、ウチが広島とのファイナルステージに行けるんだろうなという思いはありましたね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧