ノンテンダーは非情か 日本球界に定着しそうなワケ

タグ: , 2021/12/1

 新庄剛志氏の監督就任で沸き上がる日本ハムファンに11月16日、衝撃の一報がもたらされました。

 球団から、西川遥輝外野手と大田泰示外野手、秋吉亮投手に来季の契約を提示しないこと、契約保留選手の手続きを行わないことが発表されたのです。

・今すぐ読みたい→
功労者引き留めない非情な日本ハムの「卒業システム」新庄監督になっても変わらず https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-graduation-system/



 スポーツ紙の野球担当デスクは言います。

 「稲葉篤紀GMは球団と再契約する可能性もあると示した上で、3人と来シーズン以降のプレー環境について協議した結果、選手が取得した権利を尊重して、ノンテンダーとすることを説明しました。『ノンテンダー』とは契約オファーをしないということ。他球団との入団交渉がうまくいかず、日本ハムと再契約する場合、大減俸は避けられないでしょう」
 札幌ドームでも愛された3選手だけに、日本ハムファンの間でも「あまりに非情ではないか」「まさか3人がリストラとは」「事実上のクビ」と悲しみの声も広がっています。しかし、そこはしたたかな日本ハムのフロント陣。前述のデスクは費用対効果を踏まえ、英断だと評価するのです。

 「今季の推定年俸は西川が2億4000万円、大田が1億3000万円、秋吉が5000万円と、いずれも高額です。功労者でも年俸に見合った活躍が出来なかったら、『卒業』させるのが日本ハムのやり方。そして球団フロントが『見切った』選手で、他球団で復活した例はほぼない。陽岱鋼に中田翔、吉川光夫と、その後を見極める『眼』には確かなものがあります」





 しかし、ともに熱い歳月を過ごしたファンとしては、ドライに割り切れないものがあります。前述のデスクは「日本社会の義理人情の世界観は理解できますが」と言いながらも、ノンテンダーが今後の日本球界の主流になると予想するのです。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧