またしてもラグビー・・・違法薬物使用容疑で逮捕者 トップリーグが公式戦休止に

タグ: , 2020/3/10

 ラグビー界が「非常事態」宣言だ。

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、日本でもプロ野球の開幕延期をはじめ、大相撲の無観客試合などスポーツ界に大きな影響を及ぼしている。しかしラグビーのトップリーグは、不祥事が理由で3月中の公式戦を休止することになった。





 同リーグに所属する日野レッドドルフィンズのジョエル・エバーソン選手が4日に違法薬物(コカイン)使用の疑いで逮捕されたことを受け、ラグビー協会が3月14日から29日までの計3節24試合を行わないことを発表した。

新型ウイルスの影響により、2月29日と3月1日、3月7、8日の試合も開催されなかったが、今回の判断はウイルスとは無関係だ。

再発防止策が機能せず・・・


 負の連鎖だ。19年6月には当時トップリーグのトヨタ自動車に所属していた元高校日本代表の樺島亮太、イェーツ・スティーブンの両選手が違法薬物(コカイン)所持で逮捕された。

呼びかけた再発防止策が機能せず、太田治チェアマンは「皆様の期待を裏切るような結果となってしまったことを深くお詫び申し上げます。同年度内に複数のチームから違法薬物関連による逮捕者がでたことは、日本ラグビー界の存在を揺るがす大きな問題であり、非常事態」と話した。

試合休止の3週間はチームでのミーティングや個別面接、コンプライアンス(法令順守)研修や教育期間にあてるという。

・今すぐ読みたい→
大麻とラグビー・・・論争には女優・高樹沙耶さんも参戦。「ストロングゼロの方がヤバい」との声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/controversy-about-cannabis-and-rugby/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧