大谷翔平が7回無失点の13勝目、“W規定クリア”まで「14」イニングに!「ショウヘイは守備も巧いことが判明」とライナー好捕にアナリストが注目

タグ: , , , 2022/9/18

(C)Getty Images

 圧巻の投球で、史上初の“W規定クリア”へ視界良好だ。

 現地9月17日(日本時間18日)、エンゼルスの大谷翔平は、本拠地のエンゼル・スタジアムで行われたマリナーズ戦に「3番・投手」で先発出場。投手では7回8奪三振3安打無失点と好投し、13勝目を記録。打者では1打席目に先制点となるタイムリー二塁打を放ち、投打で大活躍を見せた。

【動画】「適当に出したら入ってくれた」と笑顔。大谷翔平が強烈なピッチャーライナーを好補したシーンはこちら






 圧巻の投球でファンを魅了した。直球とスライダーに加え、初回には101.1マイルを記録したシンカーでマリナーズ打線を抑えた。7回1死の場面ではマリナーズの6番打者、アダム・フレージャーを併殺打に打ち取り、この日一番のガッツポーズ。これで史上初となる“W規定”到達まで、規定投球回を残り「14」とした。

 大谷の13勝目に現地記者も早速反応。地元放送局『Bally Sports West』の公式Twitterは「彼はすべてをやってのける」とコメント。また、米スポーツ専門局『FOX Sprots』アナリストのベン・バーランダー氏は自身のTwitterで「投げて良し、打って良し、守ってよし ショウヘイ・オオタニは守備もうまいことが判明」と、強烈なピッチャーライナーを好捕する大谷の動画と共に投稿した。

 大谷のこの活躍にファンからは「MVP!何も問題ない!」「やはりジャッジより彼の方が上だ」など、ヤンキースのアーロン・ジャッジとのア・リーグMVP争いに関するコメントや「ショウヘイ・オオタニはもうMVPはいらない。彼はそれ以上だから。彼を他の誰とも比較することは不可能だ」との声もあった。

 本日も二刀流の大活躍で現地のファンを魅了した大谷翔平。残り少ない試合で先発登板し、メジャー史上初となる“W規定”到達となるか。そのプレーから最後まで目が離せない。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 それでも「西勇獲り」に動く理由
【関連記事】坂本勇人「女性問題」で来季コンバート加速か 遊撃→外野の可能性も
【関連記事】大谷翔平が自らのバットで先制点!106.8マイルの強烈な打球に「“強打投手クラブ”の王者だ」 とアナリストも感嘆

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧