「オオタニがロケットを打ち込んだ!」大谷翔平、打球速度“188キロ“の先制2塁打に現地アナリストも驚愕!

タグ: , , 2022/5/17

前日に2試合連続のホームランを叩き込んだ大谷は、この試合の第1打席で強烈な先制タイムリーを放った。(C)Getty Images


 背番号17の勢いが止まらない。

 現地時間5月16日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、敵地テキサスで行われた同地区4位のテキサス・レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。第1打席のチャンスで快音を響かせた。

【動画】「オオタニがロケットを打ち込んだ!」現地アナリストも驚愕した、大谷翔平の打球速度“188キロ“先制2塁打をチェック!

 前日の試合ではバックスクリーン横に豪快な一発を叩き込むなど、ここまでメジャー通算101本塁打を放っている大谷。あと1本で日米通算150本塁打という記録にリーチのかかっていたこの日の調子は変わらず、好調のようだった。

 今日から開始されたレンジャース3連戦の初戦は、今季開幕投手も務めたジョン・グレイ。この好投手に相対したエンゼルス打線は初回、1番テーラー・ウォードが初球をレフトへ打ち返し出塁すると、2番のマイク・トラウトが変則シフトの間を抜けるライト前ヒットでチャンスメイク。無死一、三塁のチャンスをお膳立てされた大谷は、相手バッテリーが警戒して投げた外角に外れるボール球には目もくれず、スリーボールノーストライクまで冷静に見送った。そして四球も頭をよぎったこの場面で、次に投じられたファーストストライクの154キロのストレートを振り切ると、これを完璧に捉えてフェンス直撃のセンターオーバー先制タイムリー二塁打を放った。

 エンゼルスの地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャー記者によると、この打球は116.5マイル(約188キロ)を記録し、今シーズンの大谷の打席の中で2番目に速い打球となったという。この目の覚めるような大谷の打球に、『FOX SPORTS』アナリストのベン・バーランダー氏は、「オオタニがロケットをフェンスに打ち込んだ!」と、その弾丸ライナーの打球をロケットに例えた。

 調子を上げてきた大谷は、日米通算150本塁打の記録はもう目前だ。連日の活躍でファンを沸かせる27歳のバッティングから目が離せない。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 粛清モード続くチームで選手たちが戦々恐々 心配される「負の連鎖」とは
【関連記事】「巨人だけには勝ってくれ」FA契約の裏側!メジャーではなく星野中日を選んだ理由とは!?【川崎憲次郎氏×橋上秀樹氏対談】
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧