大谷翔平、三振を奪われた敵選手への”神対応”に米メディアも感服「ユーモアセンスも必見」「応援したくなる」

タグ: , , , 2022/9/7

(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地9月5日(日本時間6日)、タイガースのコディ・クレメンスの記念球にサインとメッセージを送る“神対応”を見せた。

【画像】「What a nasty pitch!」のメッセージがオシャレすぎる!大谷翔平のユーモアセンス溢れるサインボールの実際の画像






 9-0と大量リードで迎えた8回裏、相手タイガースはマウンドに野手のクレメンスを登板させた。1死一塁で大谷と対戦したクレメンスは、緩いボールでファウルを打たせるなどして追い込むと、最後は68.4マイル(約110キロ)を外角に決めて見逃し三振を奪った。クレメンスはマウンド上で渾身のガッツポーズを繰り出し、笑顔のままタイムを要求。三振を奪ったボールをベンチに投げ、記念球として取っておくように味方に求めた。

 そして一夜明け、クレメンスは大谷から念願のサインボールをもらったことを「 You’re the man!(君は最高だ!)」と、興奮の一文と共に自身のSNSで伝えている。記念球には「What a nasty pitch!(なんてエグいボールだ!)」とのメッセージも添えられていた。

 この大谷の対応に米メディア『USA TODAY』も「このユーモアセンスもまた、彼が必見のタレントである理由だ。彼はコディにとってこの三振がどれほどの意味を持つか知っていたから、サインにも応じたのだ。こうした彼の行動は応援したくなる。オオタニからのこうしたギフトを、ファンもまた愛しているのだ」と称賛した。

 成績のみならず周囲への対応力でも度々話題になる大谷。今後の“神対応”にも注目だ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】村上宗隆と清宮幸太郎――同世代の大砲の現状に鉄平が見解!村上は「手が付けられない」、清宮は「もっとガツガツしていい」
【関連記事】「クジに外れて万々歳」ドラフト抽選負けが今思えば最高だった奇跡の男たち
【関連記事】「一流選手には必要不可欠」鈴木誠也の”打撃向上”の理由を米メディアが分析!「最後の1か月は重要」と来季へのテーマも

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧