WBC代表・攝津正氏が語る日の丸を背負うプレッシャー「体が動いているかわからないくらい緊張していた」

タグ: , , , 2021/8/13

 東京五輪で悲願の金メダルを獲得した侍ジャパン。今大会、金メダルの期待が多くのし掛かるなか、各選手がそれぞれの働きをみせ、一つも黒星を喫することなく見事頂点に輝いた。

そんななか、自身もかつて日本代表として国際試合で戦った経験のある、元ソフトバンクの攝津正氏がYouTubeチャンネルを更新。日の丸を背負って戦うプレッシャーについて語った。

・今すぐ読みたい→
日ハム・中田の『暴行騒動』が今の時代に許されない、これだけの理由 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-assault-riot/

「選考を受けてもいないのに呼んでいただきました」


アマチュア時代の「第37回IBAFワールドカップ」、そしてプロ入り後の2013年WBC日本代表と、過去2回代表選出の経験がある攝津氏。なかでも、思わぬ形で代表入りを果たしたというアマ時代の選出について、こう振り返る。

「当時、日本代表がほぼ決まっている状態で、たまたま代表チームと僕の所属チームが壮行試合をおこないました。その時に僕が登板したんですが、そこで良いピッチングが出来て、代表に呼んでいただきました。普通は選考合宿があって、そこで選出されるんですが、僕はそこに参加していない。選考を受けてもいないのに呼んでいただきました。しかも背番号が18番だったんですよね」





一方、プロ入り後は2013年WBC日本代表として戦った攝津氏。日の丸を背負って戦うプレッシャーについて、このように語っている。

「トーナメントで、負けたら終わりという状況なので、普段のリーグ戦ではなかなか味わえない緊張感は感じましたね。高校野球や、社会人野球に近いような雰囲気がありました。普段と変わらない気持ちで臨むようにはしていましたが、体がいつもより動いていないのかもわからないくらい緊張していましたね。ただ、代表に選んで頂けることはすごく名誉なことですし、最高のパフォーマンスを出したいという気持ちはありました」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧