OB攝津氏が「カギ」とするも敗戦のソフトバンク 常勝軍団の意地を見せられるか

タグ: , , 2021/9/13

 2年連続リーグ優勝を狙うソフトバンクが、ここにきてまさかの足踏みだ。

首位と4ゲーム差で迎えた10日から日本ハムとの3連戦。優勝を狙う上では絶対に落とせない下位チーム相手にまさかの2連敗(1分)を喫した。

【動画】ソフトバンクのCS 進出のカギを握るのは?(攝津正氏オンラインイベントより)

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 この3連戦、投打にわたり精彩を欠いた。

 初戦となった9日の試合、投げては先発マルティネスが6回無失点の好投、打ってはデスパイネや柳田ら主軸の活躍もあり、6回終了までに3-0とリード。

 ところが7回裏、マウンドを引き継いだ2番手の坂東、3番手の渡邉、さらには4番手の田中が連続失点で逆転を許してしまう。

 9回に三森のタイムリーでなんとか追いつき引き分けに持ち越したものの、勝てる試合を落としてしまう結果となった。





 続く10日の試合では屈辱的大敗を喫した。

 この日、プロ入り後札幌ドームでは4勝負けなしという好相性の石川が先発。だが、初回に味方のエラーも絡むなどし打者一巡の猛攻を受け、1回も持たず10失点(自責3)でノックアウト。続く2番手の高橋礼もその流れを止められず、結果球団今世紀ワースト17失点で敗戦。

 試合後、普段は最後まで記者団に取材に応じる工藤監督も、この日ばかりは「今日はお疲れ様でした、ごめん」と、自ら会見を打ち切るほど、大ダメージを食らった。

 カード負け越しだけはなんとしてでも避けたい12日の3戦目だったが、先発和田が日本ハムルーキー今川にプロ初本塁打を献上するなどし3失点。

 打線も、こちらは2年目の先発・立野を打ち崩せず、零封に終わり、最下位日本ハム相手に痛いカード負け越しとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧