元チームメイトが明かす長谷川勇也のストイックさと、思う引退後のプラン「誰にも言っていないことも沢山ある」

タグ: , , , 2021/10/11

 福岡ソフトバンクホークスの長谷川勇也外野手(36)が8日、今季限りでの現役引退を発表した。

 2013年には最多安打、首位打者のタイトルを獲得。以降は足首の怪我を抱えながらも、主に代打の切り札として存在感を発揮してきた。

 そんな長谷川と現役時代チームメイトとして共にプレーしたホークスOBの攝津正氏が、自身のYouTubeチャンネルを更新し、かつての同僚のすごさについて語った。

【動画】長谷川選手のすごさを振り返ります!現役生活お疲れ様でした!



 
 長谷川の印象を聞かれると、

「画面上の通りですよ。打席でずっとブツブツ言っているじゃないですか。あれ、自分のイメージをずっと言っているんですよ。『この軌道がきたらこのボールだ』みたいな。ベンチでも言っていますからね。あとは、若手選手よりも誰よりもマシンを打っています。誰よりも研究している。そのくらいバッティングが好きな選手ですよ。2軍にいた時も、朝早くパコパコ打っていたし、試合後も、ずーっと打っていました。」

と、ストイックさを明かした攝津氏。

 引退表明の前日に、長谷川より連絡をもらったと言うが、その際こんなことを話したと言う。





 「普段そんなに連絡をすると言う感じではなかったんですけど、『引退します』と言う連絡がきました。『まだ出来るんじゃないの?』って話をしたんですが、体の状態がよくないと言う話をして。かなりギリギリの状態でずっとやっていたので、そろそろなのかなと思ったんじゃないですかね。
でも、終わってからの方が楽しいことはいっぱいあるよって話しました。子供の時から野球をやっていて、これまでほとんど休みなく過ごしてきたじゃないですか。そのくらい色々なものを犠牲にしてやってきましたからね。ここはもう、それを取り戻すように楽しもう、それくらいでいいんじゃないのと言う話をしましたね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧