なぜ山口ー大城バッテリーだったのか? OB鈴木尚広氏が語る「チーム状況」との兼ね合い

タグ: , , , 2021/9/28

一方、鈴木氏は、3連戦の初戦で桜井とバッテリーを組んだ際、阪神・マルテに打たれたホームランの場面を取り上げると共に、大城の守備力について、こう課題を口にする。

「なぜあそこでインコースを選択したのかという意図が、僕の中ではわからない。ホームランを避けなければいけない部分で打たれてしまったのは、バッテリーミスですよね。そういったところが、卓三(大城)の足りないところなのかなと僕は思います。
ピッチャーはキャッチャーの意図するボールを必ずしも投げてくれる訳ではないですが、ここは打たれてはいけないという局面はあると思う。そこの『用心さ』が、まだ無いのかなと見ていて感じています。
『ここで打たれたら流れが変わってしまう』といったことを、もう少し鋭く、物事を広く見られるといいのではないかと思います」

同場面は3点をリードし、5回二死一塁から当たっているマルテに対し、1ボール1ストライクから甘く入ったインコースの直球を痛打され2ランを許した。一発は避けなければいけない場面での不用意なリードを鈴木氏は戒める。

一方で現役時代、選手として共にプレーし、支え合った小林への思いも、もちろん強い。

「誠司は、可愛い後輩でもあり、応戦している選手でもある。頑張って欲しいし、このままで終わって欲しくないという思いがあります。もっと誠司にチームを引っ張っていって欲しいですね」

奇しくもこの3連戦の負け越しにより自力優勝が消滅。この先の一つも落とせない試合において、「守りの要」の存在が、一つカギとなりそうだ。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
スガコバに続き、ドスコバも解体!?巨人・小林誠司、いよいよピンチ?
「中田の呪い」は存在するのか 中田加入後の巨人と日本ハムの対照的な影響とは
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧