久保建英が日本人最年少ゴール、スペイン地元紙が「手のひら返し」で称賛の嵐

タグ: , , , 2019/11/12

 「手のひら返し」とは、このことだ。

 サッカーのスペイン・リーグ、マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)が10日、本拠地で行われたビジャレアル戦で、欧州4大リーグ日本人最年少ゴールを決めた。後半、ペナルティーエリアの外から、ゴール右隅に左足で豪快なミドルシュートを突き刺した。07年に森本貴幸(カターニャ)が初得点を記録した「18歳8か月」より3カ月早く達成。前半2得点のPKも久保から生まれたもので、全3得点に絡む活躍で3―1の勝利に導いた。

 名門レアルマドリードから、出場機会を求めてレンタル移籍。デビュー当初はPK獲得やアシストなどで好スタートを切ったが、その後は苦戦。大きな注目を集めながら力を発揮できない久保に対して、否定的な見方をするスペインメディアも増えていた。そうして迎えた移籍10戦目。苦境を抜け出すきっかけとなりそうな初ゴールに、多くの地元メディアが称賛の嵐だ。

・合わせて読みたい→
久保建英の育て方、どうやったら子供をバルサに入れる事ができるのか?(https://cocokara-next.com/motivation/how-to-grow-takefusakubo/)

各地元紙の評価


 ◆エル・パイス紙
 「レアルマドリードでのプレシーズンマッチで際立っていた新たな宝石が、リーガでの出場試合の中で最高のパフォーマンスを左足ゴールで締めくくった」

 ◆ディアリオ・デ・マジョルカ紙
 「非常に高いレベルにある。今日のように、完全に違いを作り出せる久保は、いつもプレーすべき存在」

 ◆ウルティマ・オラ紙
 「久保が偉大な主役だった」

 ◆OKディアリオ紙
 「スペインでの最初の素晴らしい1日」

 ◆エス・エスパニョール紙
 「惑星レベルのパフォーマンスだ。これが久保の始まり。『解放』の日になった」

 ◆マルカ紙
 「決定的な仕事でビリャレアルに敗北を宣告した。マジョルカでレギュラー獲得に苦戦したが、徐々に定着しつつある」

 ◆アス紙(出場選手採点の中で唯一最高3点をつけ)
 「久保のキャリアの中で『その前』と『その後』を分ける試合。大きな転換点になるであろう一戦だった。PKを誘発し、スーパーゴールを決め、高いクオリティーを示した」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧