久保建英の育て方、どうやったら子供をバルサに入れる事ができるのか?

タグ: , , , 2019/6/21

 日本サッカー界の話題の中心に、久保建英(たけふさ)選手(FC東京)がいる。

 A代表に初招集された18歳は、9日エルサルバドル戦(仙台)でデビュー。途中出場でゴールはならなかったが、2人抜きのドリブルとシュートのワンプレーで、ファンの目を釘付けにした。その後、コパ・アメリカ(南米選手権)出場のため、ブラジル遠征へ。現地到着後にスペインの名門「レアル・マドリード」から久保の獲得が発表されると、世界的なニュースとなった。


 日本次世代エースの経歴は輝かしい。9歳でFCバルセロナの下部組織に入団。中田英寿、本田圭佑らこれまで海外で活躍したどの日本人スターも縁がなかった超ビッグクラブを渡り歩くことになる。

 久保のような選手は、どうやって生まれたのか?

 ここにきて、父建史(たけふみ)さんが12年に刊行した著書「おれ、バルサに入る~夢を追いかけるサッカーキッズの育て方」(文藝春秋、税込1260円)が再び注目を集めている。

 久保家が取り組んだ幼少期の育成法をまとめたもの。「運動が好きで物事に積極的に取り組む、活発な子にしたい」と考えていた父建史さんのコメントなどから、いつくかのポイントを抜粋した。

・ソファを置かない
 赤ちゃんの時から、家のリビングにはソファを置かず、大小さまざまな大きさのボールをいくつも転がしておいた。いつもボールで遊んでいた。

・2歳から350日
 サッカーを始めたのが2歳。父が出勤前の早朝に、近所の公園で一緒に親子サッカー。1年のうち350日はボールを蹴っていた。

・練習内容
 親子でできるドリル形式でボールを「運ぶ」「止める」をメーンに。具体的には、ボールタッチやコーンドリブル、ワンバウンドリフティング、コーン当て、シュート、浮き球処理、ステップワークなど。言葉で説明は難しいので、大人が見本を見せる。

・合わせて読みたい→
サッカー・高木3兄弟、父・高木豊の「忘れられないオヤジの言葉」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutakatakagi-word/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧