元西武・小関竜也、中村剛也の満塁弾を予言「相手にとってはプレッシャー」

タグ: , , 2019/9/7

 9月6日に放送された「BS12プロ野球中継2019」東北楽天ゴールデンイーグルスVS埼玉西武ライオンズ戦(●楽天4-5西武○)では、副音声の解説に西武OBの小関竜也さんを招いてビジター応援放送を行った。

「本当にすごい。こんな風に言った通り打てますかね」


西武は1点を追う3回表2死満塁に、4番の中村剛也選手が通算20本目となるグランドスラムを放つ。今季の満塁の場面では打率5割3分1厘、4本塁打49打点と満塁男ぶりを発揮している中村選手。副音声解説の小関さんは、「ここ最近の満塁はいつも打っている印象。2日前は満塁ホームラン、前日はタイムリーツーベース、これだけ満塁で打っていると、満塁だと打てるという感じが自分でもしてくるのではないか。数字が出ているとポジティブなイメージが湧く。相手にとっては、これだけ満塁で打っているということはすごくプレッシャーになる。しかも満塁で長打が多い」と予言した直後の満塁弾。「本当にすごい。こんな風に言った通り打てますかね」と感嘆した。

試合は中村選手の満塁ホームランが決勝打となり、西武が逃げ切った。小関さんは試合のポイントを「3回の集中打と中継ぎ陣の踏ん張り。ピッチャーがしっかり役割を果たした。1点差になっても逃げ切れたのは大きい」と評価。

西武先発の今井達也選手は5回4失点と苦しみながらも7勝目。今井選手と同じ栃木県出身の小関さんは「現状では負け越しているけれど、試行錯誤しながらの一年になっている。まだ高卒3年目で全て完成した部分を求める年齢ではない。いろんなことを経験しながら成長していって欲しい。球は強いので、どんどん攻めて欲しい。ポテンシャルは誰が見ても高いピッチャー」と同郷の後輩に期待を寄せた。

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧