「本来の姿ではない」復帰登板を果たした巨人・菅野智之に球界OBが注目した「変化」とは

タグ: , , , , , 2023/6/15

開幕から出遅れていた菅野も戦列に復帰した(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 戦列に頼もしい男が帰ってきた。右ひじの張りにより出遅れていた巨人菅野智之投手は11日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)で今季初先発を果たすと、5回4安打2失点で1勝目を手にした。

【関連記事】巨人驚愕の第2弾トレードはあるか 注目集める「選手の名前」





 2点を先制されながらも5回に丸佳浩の本塁打など味方打線が3点を奪い、逆転。その裏は相手クリーンアップを三者凡退に抑え、勝利投手の権利を得たまま降板した。後を継いだ中継ぎ陣の粘投も実り、待望の今季初勝利となった。降板後は「5回を投げて満足しているようではいけない」とエースの自覚も示した。

 一方、いよいよチームに合流したエースの投球をめぐっては球界内からも様々な考察の声が出ている。現役時代は大洋(現DeNA)で活躍。引退後は日本代表コーチも務め野球解説者の高木豊氏は13日までに更新した自身のユーチューブチャンネルで菅野の「現在地」について触れている。

 動画内では菅野に関して「菅野の良いときを知っているから、それからすると50点」「菅野の本来の姿ではない」として、それぞれの球種の精度に目を向けた。

 まず直球に関しては「全盛期の7割ぐらい」、スライダーの精度に関しても「7割ぐらい」、ツーシームに関しても「6割ぐらい」と辛口評価が続く中、唯一変化球で、及第点を与えたのはフォークで精度を「9割ぐらい」とした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧