MLBが導入を目指しているピッチクロックとは? 1年後にNPBにもやって来る??

タグ: , 2019/1/20

 禁断の一手なのか、野球人気再興への起爆剤となるのか。

 メジャーリーグ機構が2019年シーズンからピッチクロックの導入を目指していると、複数の米メディアで伝えられている。

・合わせて読みたい→
「結果が出ず、人が去っていった」投手の復活劇(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kazukimishima-interview-02/)


 ピッチクロックとは、投手の投球間の時間を制限するルール。マイナーリーグでは2015年に「20秒ルール」として導入された。投球後、捕手からボールを受け取った投手は、20秒以内に投球動作に入らなければならない。球場内には目立つカウントダウン計が置かれ、明らかに20秒以内に投げなかった場合には1ボールが宣告される。

 メジャーでは選手会の反発があり、これまで導入は見送られてきた。特に投手からは「やりにくい」という声が多い。

 昨季両リーグで規定投球回に達した投手で、最も投球間隔が短かったのは、マイク・フォルテネウィッツ(ブレーブス)で20秒5。この時点で20秒をオーバーしている。

 最も長かったのはジャスティン・バーランダー(アストロズ)で27秒0だった。
 ちなみに日本人大リーガーでは、大谷翔平(エンゼルス)が26秒7、ダルビッシュ有(カブス)が26秒5、田中将大(ヤンキース)と前田健太(ドジャース)はそろって27秒0、平野佳寿(Dバックス)は27秒9。最も遅いのが田澤純一(レッドソックス)で30秒1。逆に最も速い牧田和久(パドレス)は18秒9と、こちらは出色のテンポの良さを誇っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧