苦戦が続く巨人・丸 浮上のキーマンとされるのは・・・

タグ: , , , 2021/9/8

 巨人・丸佳宏外野手(32)が苦戦している。8日のDeNA戦(横浜スタジアム)では「5番・中堅」として、先発出場。最近は1番での出場が多かったとあって、久々のクリーンアップとして持ち味の勝負強い打撃が期待される。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!


 
 一方、丸に対する原監督の目は厳しさを増している。この3連戦前には最近の丸に関して「普通にやってくれないと。そういう位置付けの人。ここのところの10試合ぐらいの打率っていうのは見られたもんじゃない」と二軍落ちまで示唆し、厳しい言葉を投げかけていたのだ。3連戦初戦となる前日の試合はスタメンを外れ、途中出場。四球と三振に終わった。この日は再びスタメンに戻されたが、新戦力のハイネマン、故障から復帰を目指す梶谷もまもなく合流予定とあって、外野手の層は一気に厚くなる。早急に結果を出すことが求められている。

 なかなか上昇気流がつかめない中、丸が浮上するためのキーマンと見られているのが村田修一野手総合コーチだ。村田コーチといえば、何といっても伝説の「神宮事件」を乗り越えた男として知られる。

 現役時代の2012年、9月7日のヤクルト戦で5番に座った村田は初回無死一、二塁の場面で空振り三振。2回の第2打席でも併殺打に倒れた。村田は前カードの阪神戦でも3度の得点圏で凡退しており、原監督の堪忍袋の緒が切れた。2回に交代し、試合途中の帰宅を命じたのだ





 ただ、この話には続きがある。その後、丸刈りにしてまで試合に出続けた村田を歓喜の瞬間が待っていた。この年、チームは日本ハムを破り、日本一に輝いた。「優勝するチームで野球をやりたい」とDeNAから移籍してきたハマの主砲の夢は叶えられたのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧