中野友加里がアイスショー小道具を紹介!自身が印象に残っているプログラムとは?

タグ: , 2021/9/3

 間もなく始まるフィギュアスケートシーズン。3月の世界選手権後から約5ヶ月続いた「アイスショー期間」も終わりを迎える。この期間、多くの選手たちは様々なアイスショーに出演し、普段とは違った一面をみせる演出や、来季のプログラムをお披露目するなどしてファンを魅了した。

そんなアイスショーならではの演出の一つといえば、小道具だろう。傘や椅子、帽子など、試合ではみられない小道具を使用し独自の世界観を作り上げる選手も多い。

フィギュアスケーター女元日本代表の中野友加里さんは、自身のYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」で、現役時代のアイスショーで使用した小道具について紹介した。

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

小道具を使用する難しさ


 今回中野さんが紹介したのは、代表曲の一つでもある「SAYURI」で使用した和傘だ。

 この傘を使用するにあたり、沢山練習したという中野さんは、小道具を使用する難しさについてこのように語っている。

「例えば傘をさしながらスパイラルのように後ろに持っていくと、風でスピードが傘によって持っていかれてしまうんです。なので、傘さしたままスパイラルをするのは非常に難しいということに気がつきまして、スケーティング動作はやめようということにしました」





 スピードに乗ってリンクを滑ると同時に、風による抵抗も大きく受けるフィギュアスケート。あらゆる試行錯誤をした結果、中野さんはこのように使用したという。

「何ができるかと考えた結果、傘地の部分を氷と平行にすれば、スピードが落ちることなく滑れるということに気がついたので、イーグル(両足のトウを大きく開き両足で横に滑ること)やイナバウアーをする時にこの傘を使って滑っていました」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧