今こそ思い返したいシドニー五輪の死闘、元五輪戦士が語る「もう日本に帰れないかもしれない」、カンガルーポーズの裏にあったものとは

タグ: , , , , 2021/7/15

 東京五輪の開幕が目前に迫った。今年4度目となる緊急事態宣言下と異例の厳戒態勢で行われることになったが、多くの競技でメダルラッシュも期待されている。中でも大きな注目を集めるのは3大会ぶりに競技復帰となる野球だろう。悲願の金メダル獲りへ稲葉監督率いる野球日本代表の侍ジャパンがどんな戦いぶりを見せるのか。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・清宮の「現在地」、ミスターファイターズが指摘する同期のヤクルト・村上、ロッテ・安田との差とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukiotanaka-talks-about-kotarokiyomiya-2/



 そんな中、プロアマ合同チームで迎えた2000年のシドニー五輪にプロ代表として参加した田中幸雄氏が当時の思い出を語った。

 まず最初に強く感じたのはチームにかかる重圧だったという。「プロが初めて入ったアマチュアとの合同チーム。プロに与えられたプレッシャーというか課題。メダルを絶対に獲らなきゃいけない、獲って当たり前みたいにいわれて…」。

 IOCの方針でプロも参加が認められた初めての大会。前回96年のアトランタ五輪の野球では銀メダルに輝いたとあって、それまでのアマチュア主体のチームからプロ参加が認められたことで、「メダル獲得は当然」の周囲の高い期待に苦しむことになる。

 さらに急ごしらえのチーム編成にもとまどった。予選で戦ったチームと本戦で戦ったチームとはメンバーが異なり、代表合宿も行われなかった。現地でも、アマ選手は選手村に滞在する一方でプロ選手はホテルと分けられたため、チームが一丸となるためにも心を砕いたというのだ。

 「とにかく準備期間が少なかった。みんな集まって合同練習をしてなかったので、その面で、準備もできたらなと、後に思いましたけどね。アマチュアの人とコミュニケーションは(現地に)行ってからしか取れなかった」と振り返る。当時の田中氏はチーム最年長。声をかけたのは「ミスターアマ野球」として知られ、92年バルセロナ五輪から3大会連続で出場した杉浦正則氏だった。

 「杉浦君と話をして、まとめ役をしてもらうようにお願いしました。僕も1番年長なので、何かあったら言ってもらうようにして。そこは2人で話して、やった覚えがあります」





 さらに時間がない中で、チームの士気を高めるためにも様々な工夫を行ったという。一部で物議をかもしたカンガルーポーズもその一つだった。

 「あれも夕食のとき、ミーティングの中で話し合って、できたもの。カンガルーポーズもあまりよろしくないと色々いわれたけど、こちらの感覚からすれば、ガッツポーズを逆にしたようなもの。一体感を高めていこうという話はしていました」。 本塁打やヒットを打った選手をねぎらうために、カンガルーの手をイメージしたポーズで迎えた。結果として対戦相手から抗議を受けて、このポーズは封印することになったが、それほど急ごしらえのチームをまとめようと誰もが必死だったというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧