羽生結弦の「穴」犯人捜し、さんま苦言、4回転半への疑問・・・北京五輪「羽生狂騒曲」総集編

タグ: , , , 2022/2/23

 2022年北京五輪が閉幕したが、フィギュアスケート羽生結弦(27)は男子シングル4位でも主役であり続けた。五輪3連覇を逃したものの、4回転半に挑戦し、エキシビションの演技でも世界中のファンを魅了。一方で人気すぎるがゆえ、発言や行動の影響力が大きく、話題がことさらにクローズアップされたことも。北京での「羽生狂騒曲」を振り返り、まとめてみた。

・今すぐ読みたい→
なぜ羽生結弦は「メディアが選ぶ北京五輪MVP」に躍り出るのか【緊急対談】 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yuzuruhanyu-beijing-olympics-summary-02/



◆ハマッた「穴」犯人捜し

 ショートプログラム(SP)で羽生がジャンプに失敗し8位発進。4回転サルコウが1回転となったミスが響き、演技後はその場所に戻って原因を確認。「穴があった。しょうがない。氷に嫌われちゃったかな」などとコメントした。

 ネット上では穴を作ったのは誰だと「犯人捜し」がスタート。ロシア紙「スポーツ・エキスプレス」は、穴を開けたのがその前に滑走したROC(ロシア・オリンピック委員会)の選手とし、同選手のインスタに「殺害の脅迫を受けている」などの批判が殺到したことを報じた。





◆さんま「ケガ」ダメ出し

 お笑いタレントの明石家さんまがMBSのラジオ番組「ヤングタウン土曜日」に出演し、羽生について言及。「『ケガをおして出た』って。オリンピッククラスの人は全選手、ケガをおして痛み止めを打ちながらやってますからね。羽生君の言うのもわかるけども、言ってほしくなかったコメントやな、俺はな」と指摘した。

 羽生は逆転を狙ったフリーで4回転半に挑戦するなどして順位を4位に上げたが、メダルには届かなかった。後日談として「フリーの前日練習で足を痛めた。捻挫の程度も思ったよりひどくて、本来だったら完全に棄権していた」と痛み止めの注射を打って臨んだことを明かしていた。芸能界大御所の発言だけに、反響は大きかった。

 また五輪の事前練習から1度も成功しなかった4回転半をプログラムに組み込んだ演技構成への疑問も含め、SNSのコメント欄ではファンらによる賛否両論の「場外戦」バトルが繰り広げられた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧