もしかして更年期!?症状が重くなる前に摂りたい食べ物

タグ: , 2020/2/28

 更年期とは、閉経を挟んだ前後の約10年間を指します。日本人女性の平均閉経年齢は約50歳ですので、45~55歳頃ということになります。その期間に起こる、様々な体調不良や情緒不安定などの症状をまとめて更年期障害と呼びます。

今回は更年期障害についてと、食べ物のポイントについてあすけん栄養士が解説します。

・今すぐ読みたい→
更年期に多い「めまい」。あなたはどのタイプ? https://cocokara-next.com/stress/dizziness-often-in-menopause/

更年期障害とは





更年期障害の症状
<カラダの症状>
のぼせ・顔のほてり・動悸・発汗・頭痛・めまい・肩こり・腰痛・関節痛・疲れやすい・足腰の冷えなど
<心の症状>
イライラ・不安感・不眠・気分の落ち込み・気力の低下など

更年期障害の原因
閉経前後の10年間に、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することで症状が起こると考えられています。その他、心的ストレスや、加齢に伴うカラダの変化も関係するとされており、症状の程度も様々で、あまり不調を感じない人もいると言われています。

更年期のカラダの変化
女性は更年期を境にして、脂質異常症、高血圧、動脈硬化、骨粗鬆症などのリスクが増えると言われています。生活習慣病の対策として、食事や運動習慣の見直しも大切です。また、肥満のある女性は、食事や運動の改善によって更年期障害の症状が改善されるとも言われています。
カラダの不調を「更年期だから…」と片付けてしまうと、隠れていた他の病気を見逃す恐れがあります。症状が重くなる前に対処しましょう。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧