「野球」24年五輪落選、小学生のなりたい職業ベスト3にも入れず・・・

タグ: , 2020/12/9

 野球人気の低下がさけばれる昨今、追い打ちをかけるようなニュースが流れた。

 11月7日、国際オリンピック委員会の理事会で2024年パリ五輪から野球・ソフトボールが落選したことが正式に発表された。08年北京五輪以来、3大会ぶりに東京五輪で日本のお家芸が復活したが、2大会連続の実施はならなかった。

 ソフトバンク王貞治球団会長は「世界でみると、まだまだ野球をやっていない国が多い。我々はもっと野球の素晴らしさを伝えていかないといけない」と語った。世界だけでなく、日本国内でも、野球に対する子どもたちの意識が変化している。

 進研ゼミでおなじみのベネッセホールディングスが例年行っているアンケート調査、2020年「小学生なりたい職業ランキング」を発表。男子の1位常連だった「野球選手」は4位と、ベスト3に入れなかった。2004年上位ランクのデータと比較してみたい。

・今すぐ読みたい→
プロ野球選手をもっとも輩出している大学は?「現役選手の出身大学ランキング」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/npb-players-university-graduation/

◆小学生のなりたい職業ランキング◆


【男子】
2020年
1位 ゲームクリエイター・プログラマー
2位 ユーチューバー
3位 サッカー選手
4位 野球選手
5位 研究者・科学者

2004年
1位 野球選手
2位 サッカー選手
3位 医師
4位 研究者・大学教員
4位 大工

【女子】
2020年
1位 芸能人
2位 漫画家・アニメーター・イラストレーター
3位 パティシエ・ケーキ屋さん
4位 ユーチューバー
5位 保育士・幼稚園の先生

2004年
1位 保育士・幼稚園の先生
2位 看護師
2位 漫画家・アニメーター・イラストレーター
4位 芸能人
5位 パティシエ・ケーキ屋さん





 長く小学生男子の花形職業だった「野球選手」も今は昔。2010年ごろ「サッカー選手」に1位の座を逆転され、2020年には1位が「ゲームクリエイター・プログラマー」、2位「ユーチューバー」と様変わり。小学生にはテレビよりネットが日常になり、「eスポーツ」「YouTube」などが仕事として認知され、ネット関連への人気が急上昇した。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧