【入院から退院まで編】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル、その後・・・

タグ: 2020/5/7

もしもコロナ入院したら?感染者が語る入院のリアル~発症から退院まで~

※写真はイメージです

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長が5月31日までに決まった。

 まだまだ安心できない状況が続く中、もしも自分自身や周りの人が感染したらどうすべきか?

 実際に新型コロナウイルスに罹患し、入院生活を経験した都内・六本木のバーに務める男性Aさん(24歳)に、入院生活の様子や新型コロナウイルスの恐怖について聞いた。

 4月17日に本サイト「【コロナ感染記】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル ~発熱から入院まで編~」と言う記事で、「まさか自分が・・・」、「感染経路が全く思いつかない・・・」と感染に気付いたところから入院するまでを聞いたが、今回は入院してから退院するまでの『リアル』を聞いた。

・今すぐ読みたい→
【コロナ感染記】六本木の夜の店で働く人がコロナ陽性になったリアル ~発熱から入院まで編~ https://cocokara-next.com/stress/infected-with-the-new-coronavirus/

【発症~入院 時系列】


■4月3日(金)  発症
 起きてからダルさはあったが熱などはなかったので、通常通り電車で勤務先の飲食店へ出勤。 しかし、ダルさがあり、仕事も暇だったため、早めに帰宅。自宅に帰って熱を測ったら37.3度くらいあった。鼻がムズムズする、鼻がつまりかけている、風邪のような感じがした。また、目の奥の方がズキズキする感覚があった。

■4月4日(土)  保健所へ最初の電話
 朝起きて気付いたら、味覚、嗅覚がなかった(その状態が6日間くらい続いた)。 おかしいと感じ、保健所へ連絡したがつながらない。その後も一日中、約200回ほど電話したが(Aさん談)、全くつながらなかった。

■4月5日(日)  保健所へ電話&自宅待機
 朝一、9時から保健所に電話をし続けて、5回目くらいでつながった。その際に、以下のように言われた(Aさん証言)。

1. 既に発症している人と濃厚接触があった人
2. 直近で海外渡航歴がある人

に該当する人を優先して検査している。

 どちらも該当していないAさんは、1回目の電話では検査に応じてもらえなかった。再度電話したが同じ対応なので、しばらくは自宅待機をすることに。

■4月9日(木)  保健所へ電話&検査
 職場のオーナーから「仕事の予定が立たない」とプレッシャーがかかり、保健所へ電話する。頼み込んでようやく検査が受けられるようになり、検査を受けた。





■4月11日(土)  検査結果
 検査の結果が出て陽性判定。

 保健所からは、
1. 入院先については改めて連絡する
2. 最低でも1週間入院
3. 2回検査して、2回とも陰性が出ないと退院できない
と伝えられる(Aさん証言)。

■4月13日(月)  保健所からの電話
 朝一、保健所から連絡があったが、電話を取り損ねた。
 折り返すと、
「予定していた入院先はもう他の人で埋まってしまった。電話を取らないと、入院が後回しになる(連絡がつく人から先に入院が決まる)」
と言われる(本人証言)。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧