おじさん世代がハロウィンのバカ騒ぎにイライラする理由

タグ: , 2019/11/1

 渋谷「ハロウィン」で逮捕者9人-。


 月も変わった11月1日の朝、出勤途中のアラフォーのおっさんはスマホで目にしたネットニュースを読むと、夜通し浮かれ続けた渋谷の画像を見ながらただただ怒り、憤ります。出社後には若い社員をつかまえて、語気を強めるのです。

 「ハロウィンなんてやめちまえばいいんだよ。なんであんなバカ騒ぎに、税金から警備費を1億円も出さなきゃいけないんだ。もうかってんのは広告代理店のヤツばっかじゃねえか」

 しかし、いくら言葉を紡いでも、おっさんの本音はコレで間違いないでしょう。

 「うらやましい。オレの若い頃にはハロウィンなんてなかったもん。ああ、オレもハイテンションのコスプレ女子と出会い、ワンナイトラブに溺れたかった…」

 ハロウィンは80年代から好事家の間では「秋のお祭り」ということで認知されていましたが、一般層に定着するのは97年が節目とも伝えられています。

・合わせて読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う…」(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧