ラグビー・松島 15年W杯劇的勝利の景色と19年W杯目標「良い自己チュー」

タグ: , 2018/7/14

・合わせて読みたい→
ラグビー選手の日々の生活とモチベーションの持ち方 松島幸太朗インタビュー1(http://cocokara-next.com/motivation/kotaromatsushima-interview-01/)


 ラグビー日本代表の松島幸太朗。その類まれなる身体能力は日本代表チームの武器で、日本で開催される2019年ラグビーワールドカップの主役になる事は間違いない。


 前回のインタビューでは、ラグビー選手の日常のスケジュール、モチベーションの持ちどころを聞いたが、今回は2015年W杯グループリーグ初戦で優勝候補の南アフリカから大金星を挙げた時の事を、当時代表メンバーでもあった松島に振り返ってもらった。

日本の報道を見て「スゴイ事をしたんだな!」

 「勝った直後は、日本国内の様子も分からなかったですし、実感も湧かなかったです。翌日チームメイトとテレビやネットを見て、『スゴイぞ、スゴイ事になっているぞ!』となりました。まるでサッカーのW杯みたいになっていると。SNSのコメントも、ものすごい量を頂きましたね。そこで初めて、『スゴイことをしたんだな』と感じました。帰国した際にも、報道陣だったり、ファンの方の多さに驚き、改めて実感が湧きましたね。」

 2015年の劇的勝利もあり、来年に迫っている2019年W杯にも多くの注目が集まっている。そこへ向けての自身の思いを問った。

「『良い自己中さ』を持っていきたい」

と一言。その真意を聞くと、こう語った。

「良い自己チュー」を発揮したい

 「もちろん出場したいです。個人としては、今現在スーパーラグビーでプレーさせてもらっていますが、今後はヨーロッパで活躍したいという思いもあります。W杯で活躍すれば上の世界の人達にも見てもらえる。なので、そこで活躍すれば上に行けるという自信はありますね。まずはW杯に出て活躍することが一番の目標です。
 もちろん、チームとしてもリーグを突破したいです。チームとしての目標を持ちつつ、自分の目標も持つことが大事かなと思います。自分の目標を持っていた方が成功できると思いますし。なので、自分の役割を頭に入れつつ、自分の得意なシチュエーションでいかに自分のパフォーマンスを発揮できるかですね。そういう意味では、『良い自己中さ』を出せればと思います。」

と語った。

 2019年W杯は自国開催となるため、より自身のモチベーションや周りの期待度が高まってくるに違いない。最後に、そこへ向けての意気込みを聞いた。

 「今はまだあまり感じなくても、恐らく1カ月前くらいになれば実感が湧いてくると思います。やはり自国開催なので、みんな緊張すると思いますね。緊張すると硬くなる原因にもなりますし、そこは前回大会を経験したメンバーでリードしつつ、皆が活躍できる環境を作りたいです。そうすれば勝てる自信がつくと思います。2015年の経験と普段の試合での成長をいかに出せるかだと思いますし、その中で自分の力というのも出したいなと思います。」

・合わせて読みたい→
ラグビー選手の日々の生活とモチベーションの持ち方 松島幸太朗インタビュー1(http://cocokara-next.com/motivation/kotaromatsushima-interview-01/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧