close

ラグビー選手の日々の生活とモチベーションの持ち方 松島幸太朗インタビュー1

タグ: , 2018/7/11

・合わせて読みたい→
元アメフト・河口正史、本場アメリカで自分より非力な選手に吹っ飛ばされて始まった研究とは(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/masafumikawaguchi-american-football-01/)


 ラグビー日本代表の松島幸太朗。日本で開催される2019年ラグビーワールドカップの主役になる事は間違いない。日本スポーツ界屈指のフィジカルを持ち、その身体能力をフルに発揮したグラウンド上でのプレーからは想像できないくらい話している時は優しい目をしている。

 高校時代は名門・桐蔭学園高校のラグビー部に所属し全国大会で優勝。高校日本代表にも選出された。高校卒業後は南アフリカへ渡りスーパーラグビーの育成機関からU19とU21チームに選出される等活躍をした。

 現在は、サントリーサンゴリアスに所属。ラグビーの国際大会・スーパーラグビーでは日本から参戦しているサンウルブズにて、国内外で活躍している。

 日本のみならず、アジアやアフリカ、南米さらにはヨーロッパなど、世界中を飛び回りタフなスケジュールをこなして世界で活躍している松島。毎日の練習や試合、そしてシーズンを通して、日々どのようなモチベーションを持ち過ごしているのか聞いてみた。

ラグビー選手の日常生活、日々のスケジュール

― 普段の生活スケジュールは?

「基本的に、試合があるときは、練習は週に4日あります。だいたい午前にウエイトトレーニングを行って、午後に全体練習と言う感じです。ウエイトトレーニングは、怪我が多くなってきてから特にやるようにしています。体を大きくするというよりはスピードトレーニングを中心にやっています。とは、午前の練習が終わってから午後の全体練習まではフリーなので、昼寝を挟むことも多いですね。」

― 休日や自宅での過ごし方など、何かリフレッシュ方法は?

「普段はあまり遠出をすることは無いので、基本的には家にいますね。海外映画をよく観ます。アクション系だったり、CIAものなんかをよく観たりします。最近のおすすめは『ホームランド』です!」

長いシーズンの中でのモチベーションの持ち方

― 長いシーズンを闘ううえで普段のリフレッシュ方法以外に、何か日々のモチベーションとなっているものは?

「シーズン中は、シーズンオフに発表されるベストフィフティーンを目標に頑張っています。なので、普段はそれを頭に入れてパフォーマンス向上へ繋げていますね。あと、目標は紙に書くことを心がけています。自分だけが見られるノートに書いているんです。去年それでMVPを取ることが出来たので、今年も継続しています。もちろん、シーズン通して全てが上手くいくわけではないです。ですが、うまくいかない時には、そのノートを見て、モチベーションを整えています。」

― 最後に、2019年にW杯を控える中、今後の目標やモチベーションは?

 現役のうちに、ましてや一番自分自身脂がのっている時期に自国開催のW杯に出場できる事ほど幸せなことは無い。松島の更なる飛躍、そして今後の日本ラグビー界の盛り上がりにもますます注目していきたい。

・合わせて読みたい→
元アメフト・河口正史、本場アメリカで自分より非力な選手に吹っ飛ばされて始まった研究とは(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/masafumikawaguchi-american-football-01/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧