close

発生数は夏がピーク!細菌性食中毒を防ぐ心得とは

タグ: , , 2018/9/1

 高温多湿な状態が続く6〜9月は、細菌性の食中毒の発生率が高まります。そして、原因となる細菌は、キッチンに潜んでいることも・・。簡単にできる3つの予防法を実践し、食中毒を起こさないように注意しましょう。

夏に多発!細菌性食中毒ってどんなもの?

 細菌性食中毒は、カンピロバクター・O-157・サルモネラ菌などの細菌によって引き起こされる食中毒。下痢・腹痛・高熱などの症状が起こります。

 これらの原因菌は、高温多湿の環境を好むため、夏場に多く発生するのが特徴。平成27年の患者数は6,029人と多く、飲食店だけでなく家庭でも発生しています。

家庭で食中毒にならないための3つの原則


1.食中毒菌を「つけない」
食中毒は原因となる細菌が食品に付着し、体内に入り込むことによって起こります。細菌を食品につけないためには、正しい手洗いと食品・調理器具を適切に扱うことが重要です。

《手洗いのポイント》
●汚れたら手洗いをする。(調理前・トイレ後・生ものを触った後・鼻をかんだ後など)
●指のすき間など、洗いにくい部分も洗う。
●殺菌力のある石けんを使う。
●清潔なタオルやペーパータオルで手を拭く。

《食品と調理器具を扱うポイント》
●使うたびにまな板を洗う。
●生野菜など火を通さないものと、肉・魚に使うまな板と包丁を分ける。
●バーベキュー・鉄板焼きでは、生の肉・魚を扱う箸と食べるための箸を分ける。
●食材は、清潔な密封容器に入れるか、ラップをかけて冷蔵保存する。

・合わせて読みたい→
夏のむくみに効果的な食べ物(http://cocokara-next.com/food_and_diet/edema-effectual-food-at-summer/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧