セ・パ下剋上Vの要因は、2015年ドラフトにあり!?オリックスとヤクルトの15年ドラフトを振り返る!

タグ: , , , 2022/2/19

 昨シーズンのプロ野球界では、共に前年最下位の両チームが日本シリーズで熱戦を繰り広げた。前年最下位どうしが日本シリーズを戦うのは長いプロ野球の歴史の中でも史上初のこと。多くの野球ファンが予想していなかったこの結果の裏には、どうやら両チームに共通する部分が見えてくる。共通点は最下位からの逆襲Vだけではなく、ドラフトでの指名の結果にも表れているようだ。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮初安打も見え始めた「危険な兆候」とは httphttps://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-dangerous-signs/



時は2015年のドラフト会議までさかのぼる。この年は関東一高のオコエ瑠偉(楽天)や、仙台育英高の平沢大河(ロッテ)などの選手たちがドラフトで大きく注目を集めていた。

そんな年に指名された両球団選手の活躍が大きく優勝に貢献したと考えられるのだ。

まずは、オリックスから振り返ってみたい。

1位 吉田正尚(青学大)
2位 近藤大亮(パナソニック)
3位 大城滉二(立大)
4位 青山大紀(トヨタ自動車)
5位 吉田凌(東海大相模高)
6位 佐藤世那(仙台育英高)
7位 鈴木昂平(三菱重工名古屋)
8位 角屋龍太(ジェイプロジェクト)
9位 赤間謙(鷺宮製作所)
10位 杉本裕太郎(JR西日本)

・育成選手
1位 塚田貴之(白鷗大)
2位 赤松幸輔(四国IL/香川)

育成を含めて12人の指名を行ったオリックス。

1位に指名した吉田正尚は1年目から1番DHで開幕スタメンを勝ち取ると、怪我に苦しみながらも19年にはベストナインと首位打者を獲得、昨年は東京オリンピックで日本代表の3番として金メダル獲得に貢献するなど日本を代表する選手となった。

3位の大城も1年目から122試合に出場を果たした。昨年は8月に怪我で離脱するまでは自慢の俊足と高い守備力でチームに貢献した。

さらに5位の吉田凌は20年に1軍昇格を掴み取ると、昨シーズンは18試合に登板して1勝1敗4ホールド、防御率2・12と安定した成績を残し、チームを支えた。





そして何といっても、下剋上優勝を可能にしたのは「ラオウ」こと杉本の活躍も大きいだろう。10位指名で入団した杉本は、恵まれた体格から繰り出されるパワーこそ定評はあったものの、なかなかチャンスをものにできずにいた。そしてその才能は二軍監督時代から目をかけられてきた中嶋監督の抜擢もあり、2021シーズン一気に開花した。レギュラーの座を勝ち取ると、32本塁打をマークしパ・リーグ本塁打王にも輝き、ベストナインも受賞と遅咲きの大ブレイクを果たしたのだ。

入団時から温めてきた座右の銘、人気漫画「北斗の拳」のラオウの名ゼリフ「我が生涯に一片の悔いなし!」と打ったときの「昇天」ポーズもすっかり野球ファンの間でおなじみとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧