巨人はドラフト抽選10連敗、阪神は甲子園のスター集めに成功、ソフトBは作戦失敗?2019年ドラフト総括

タグ: , 2019/10/18

◆ロッテ(6人+育成2人)

 ドラフトの目玉である大船渡・佐々木には日本ハム、西武、楽天、ロッテの4球団が競合したが、井口監督がクジを引き当てた。昨年の大阪桐蔭・藤原に続く2年連続の大当たりに「良い夢を見たので、引けるだろうと思っていた。ドラフトで当たりくじを引く夢だった。誰にも言えませんでしたけど」。

 前夜に見た夢が正夢となった。

◆ヤクルト(6人)

今夏甲子園準優勝投手の星稜・奥川には3球団が競合したが、

高津新監督がくじを引き当て、大きな初仕事をやってのけた。

チーム防御率12球団ワーストの課題を克服すべく、上位指名4人は即戦力が期待できる投手。

 ネットでは「神ドラフト」などと高く評価する声が多かった。

◆中日(6人+育成1人)

 与田監督がまたも強運ぶりを発揮。

昨年は岐阜出身の大阪桐蔭・根尾、今年は愛知出身の東邦・石川と2年連続で当たりくじを引いた。

ともに甲子園で優勝した地元選手とあって、期待感十分。

与田監督は「(クジに書いてある『交渉権獲得』の)あの文字を見ることが快感になっている」とニンマリ。

◆広島(6人+育成3人)

 ドラフト前日の指名公表が奏功し、即戦力ナンバーワンの呼び声高い森下をまんまと『一本釣り』してみせた。DeNAなどと競合すると想定していた佐々岡新監督は「クジを引くつもりだった」と驚きを隠さなかった。

◆DeNA(7人)

 今ドラフト最大のサプライズが桐蔭学園・森の1位指名。名前が呼ばれると、ドラフト会場には大きなどよめきが起こった。実績のある大学生投手の1位が予想されたが「ドラフト会議の1時間前に決めた」(関係者)。

 直前まで各球団の情報を集め、指名漏れリスクも含めて地元のスター候補生を指名した。

◆西武(8人+育成1人)

 佐々木の1位指名を公表していたが、抽選で失敗。その後、巨人と競合した東芝・宮川を辻監督が引き当てた。上位指名3人が即戦力を期待できる投手と、リーグ3連覇へ補強ポイントをうめた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧