バーディ合戦必至の「マラソン・クラシック」河本結、野村敏京、山口すず夏に大会直前インタビュー

タグ: , 2020/8/6

 1984年に地元オハイオ出身の俳優ジェイミー・ファーの名前を冠してスタートしたこの大会は、2013年にマラソン・クラシックに名称を変更。コースは戦略性豊かで、リンクス風のバンカーが選手たちを悩ませる。このバンカーに捕まれば、一気にスコアを崩す可能性が高く、ティーショットでしっかりとフェアウェイをキープすることが鉄則となる。例年攻撃的なゴルフによるバーディ合戦が繰り広げられる大会としても知られている。

日本勢からは河本結、野村敏京、山口すず夏の3選手が出場。毎年、ビッグスコアの優勝争いが繰り広げられる大会を前に、WOWOWがこの3選手に独占インタビューを行った。





河本結

Getty Images


Q.先週4位で良い形でフィニッシュしましたが、今週のフィーリングはどうですか?
「ショットのフィーリングは先週よりもすごく良くなってきていると思うので、自分としては先週よりも良いゴルフができるんじゃないかな、という感覚はあります。」

Q.先週から今週にかけてショットなど変えている部分はありますか?
「先週は風が強かったりしたので、アドレスがどうしても少しずつ変わってしまいました。ですが、もう一回自分のアドレスを見直して、そこを壊さないで上手くとれるように気を付けたら、すごく良くなったと思います。」

Q.先週は毎日違うコンディションで疲れもあると思いますが、リフレッシュはできていますか?
「そうですね。体調はすごく良くなってきていますし、スケジューリングが日本とは違っていて、移動距離も今回は(そんなに)ないと思いますが、これから(先は)長いと思います。その辺、どういう形が自分に合っているのか、良いルーティンを見つけ、試合に臨めるように準備していけたらと思います。」

Q.練習ラウンドを回ってみて、このコースで気を付けたい部分などはありますか?
「このコースはすごくスコアが出ると思うので周りに気を取られず、自分の一打一打のゴルフに集中したいです。先週より難易度は少し簡単になっていると思うので、集中力が散漫しがちなんですけど、自分の一打、目の前のプレーに集中できれば優勝争いもできるんじゃないかなって言う風に思っています。」

Q.先週の優勝争いは今週、この後にも活かせると思いますが、その辺りはどうですか?
「そうですね。本当に先週はすごく幸せを感じて、すごく楽しくラウンドできたので、やっぱりここでは自分のゴルフを楽しむことが鍵になると思うので、一生懸命楽しみながら頑張りたいと思います。」

Q.今週に向けての意気込みをお願いします
「今週もまた同じキャディーさん(コリン・キャン)に担いでもらって、違う雰囲気のゴルフコースですけど、今週も楽しんで精一杯プレーしたいなって思っています。」

・今すぐ読みたい→
【アイアンレッスン動画10選】プロが教える脱初心者のアイアン打ち方まとめ https://cocokara-next.com/fitness/golf-how-to-hit-the-iron/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧