【ドラフト】阪神、1位抽選外れも「上位指名は満足」と評価したわけは?野村克也氏の「懐刀」松井優典氏が各球団のドラフトを評価!

タグ: , , , , , 2022/10/21

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きには定評のある松井優典氏が、阪神タイガースのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われた。阪神は、巨人がかねてから指名を公言していた、高校通算68本塁打の高松商・浅野翔吾外野手を1位指名した。運命のくじ引きは岡田彰布新監督の初仕事となったが、当たりくじを引き当てたのは、巨人の原辰徳監督。巨人の後にくじを引いた阪神には、当たりくじは残っていなかった。外れ1位では中央大・森下翔太外野手を指名し、交渉権を獲得した。

【関連記事】【ドラフト】高松商・浅野翔吾を引き当てた原巨人は勝ち組?元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!






 松井氏は、今回の阪神のドラフトを”B”と評価した。「今年は突出した選手がおらず、浅野を外したとしても、同じタイプの選手が揃っていた。阪神は、浅野を外したら森下を指名しようと決めていたと思う。上位指名は満足できたのではないか」と浅野外野手の抽選には外れたものの、球団が補強したかった右の外野手を指名できたことをポイントに挙げた。

 また、森下外野手以外の指名については、「阪神は2位以降に高校生を中心に指名していて、糸原の後釜になるような内野手も取っている。それなりの評価ができるドラフトになったのではないか」と語り、将来性のある高校生投手や野手を指名していることを評価した。

 岡田新監督の下、1位指名の森下外野手を中心に、将来性のある選手がどのように育っていくのか注目したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 浅野獲りで加速する「追いこまれる選手」とは

【関連記事】「山田と中川なら中川のほうが上」 日本シリーズ展望 球界OBが指摘したヤクルトの「穴」とは

【関連記事】日ハム・近藤の「流出」を決定づけた指揮官の「非情発言」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧