オリックス成瀬、復活の鍵は「よそいき脱却」 岩村明憲キャンプレポート2

タグ: , 2019/2/15

 岩村明憲のプロ野球キャンプレポート第二弾。

ヤクルトスワローズやメジャーリーグ、日本代表で活躍し、現在はBCリーグ福島レッドホープスで監督兼球団社長を務める岩村明憲さん。宮崎で行われているオリックス・バファローズのキャンプを視察して感じた、今年のオリックスのポイントは…。

・合わせて読みたい→
ソフトBと西武の強さと課題 岩村明憲キャンプレポート(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-camp-report-01/)

外国人野手の切磋琢磨と先発ローテ争いに期待


 オリックスは新体制になり、西村新監督もそうですが、田口さんが二軍監督から一軍の野手総合兼打撃コーチにポジション替えしたことも、チームに良い影響を与えると思います。

特に感じたことは、外国人選手が面白いですね。視察に行ったのは2月の頭でしたけど、準備万端と感じました。新加入した26歳のジョーイ・メネセス選手は良かったです。性格もいいと聞きました。元々いるロメロ選手やマレーロ選手など、外国人同士の切磋琢磨、競争があると思うので、それがいい方向に働けば強いですね。吉田正尚選手はケガ次第ですけど、ケガさえなければ期待できますので、打線は脅威になるのではないでしょうか。

チーム力として、課題はピッチャーですね。西投手、金子投手と先発ピッチャーの柱となる2人が抜けたということは大きいです。ディクソン投手は安定していると思いますが、期待は3年目の若手、山本由伸投手ですね。真っ直ぐとカットボールとフォークが良かったです。私の高校時代の先輩でもあるオリックスの平井正史投手コーチとも山本由伸は楽しみだと話をしました。

投手陣で言えば、38歳になる岸田投手も頑張っていましたね。視察に行ったのが2月の早い時期だったのですが、その時から岸田投手はすごく球数を投げていました。オリックス2年目となる増井投手もブルペンで投げていましたが、まだ早い時期ということもあって、出来上がってはいないようでした。ただ、彼レベルの選手はこれから調子を上げていくので、心配はないと思います。

先発ローテに関しては、オープン戦だけに限らず開幕してから、勝ち星がついて自信をつけたピッチャーがローテを守ることになるでしょうね。たくさん候補がいる中での競争です。先発が不安定になる分、バッターがカバーできるようにしていかないといけないですね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧