日本ハムのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2021/10/10

 ダルビッシュ、大谷といったビッグスターを輩出してきた日本ハムファイターズ。ドラフト当たり年が多く、チームの顔として育てたスター選手を快く?移籍させる独自の球団方針にも特徴がある。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮「泣いている」場合じゃない 深刻な現状とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-serious-situation/

神ドラフト=2002年


 
1 尾崎匡哉(報徳学園)内野手
3 鎌倉健(川之江)投手
4 武田久(日本通運)投手
5 小谷野栄一(創価大)内野手
6 紺田敏正(国士舘大)外野手
7 池田剛基(鵡川)内野手
8 鶴岡慎也(三菱重工横浜クラブ)捕手

 上位指名の高校生2人を見れば不発に思える年だが、下位指名で大当たりが連発。4巡目の武田久は最多セーブのタイトルを3度獲得。チーム一筋、534試合の登板はすべて中継ぎで、31勝167セーブ107ホールド。170センチの小さな体でブルペンを支え続けた。5巡目の小谷野は勝負強い打撃で10年打点王。ゴールデングラブ賞3度と三塁守備の名手でもあり、攻守でチームの中心選手になった。





 なんといってもチーム最下位8巡目指名の鶴岡が正捕手となり、長くチームの屋台骨を支えたことは、うれしい誤算だった。まさに「残り物に福あり」。移籍もあったが、3人がフル回転した2000年代に5度優勝とチーム黄金期を築いた。6巡目の紺田も通算338試合に出場し、渋い働きが光った。

 日本ハムはドラフト当たり年が多いが、陽仲寿(陽岱鋼に改名)、武田勝、八木智哉、川島慶三と複数選手が活躍した2005年も甲乙つけがたい成功年だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧