【フィギュア】「自分は3人目。だから3枠は絶対に取らなきゃいけないと・・・」元日本代表が白熱の五輪シーズンを振り返る

タグ: , , , , 2021/11/18

 来年2月に開催される北京五輪まで3ヶ月を切った。今大会も様々な日本人選手の活躍が期待されるが、中でも注目度の高い競技の一つがフィギュアスケートだろう。

既に国内外で代表争いへ向け激しい争いが繰り広げられている。

そんな中、五輪開催を前に、元日本代表・中野友加里さん、バンクーバー五輪代表小塚崇彦さん、ソチ五輪ペア代表の高橋成美さんが、スポーツアンカー・田中大貴さんのYouTubeチャンネル「田中大貴のアスリートチャンネル」に出演。
自身の現役時代を振り返り、プレッシャーや当時の心境について語った。

【動画】中野友加里、小塚崇彦、高橋成美が五輪を語る!

自分は3人目という頭があったので、3枠は絶対に取らなきゃいけないと・・・


 
五輪まで3ヶ月を切り、グランプリシリーズを戦う真っ最中でありながら、およそ1ヶ月後には全日本選手権が控えているこの時期。

自身の現役時代を振り返り高橋さんは当時の心境をこう振り返る。

「私は元々外国の選手とペアを組んでいたので、(国籍の都合上)オリンピックに出れないと思っていたんです。
それから(木原)龍一とペアを組むことに決まったのがオリンピックの1年半前くらいでした。決まった後はオリンピックを逆算して練習をしていたんですが、龍一もシングルから転向したばかりでしたし、逆算してもギリギリの状態だったんです。なので、五輪3ヶ月前がどうこうよりかは、オリンピック直前まで、(オリンピックでの演技前の)6分間練習まで準備を続けていた感じでした」

一方で小塚さんは、

「オリンピックに関しては、(代表)3枠をとっていたので、その枠に入るのが髙橋大輔くんと織田信成くんと誰か、という時に、(自分が)いけるって1年前に枠をとったときは思っていました」

と、コメント。





例年、各国五輪の出場枠は、前シーズンに行われる世界選手権での各選手の成績に応じて決定するが、その「枠取り」について、自身の置かれていた立場を踏まえ、こんな思いを抱いて戦っていたという。

「五輪シーズンの前のシーズンに髙橋くんが怪我をして出場できず、織田くんと2人で世界選手権に出場し、枠を取りに行きました。その時、織田くんがもっと良い成績を取るかと思いきや、ふるわなくて。
やっぱり、自分は髙橋くん、織田くんに次ぐ3人目という頭があったので、3枠は絶対に取らなきゃいけないという思いが強かったんです。」

晴れて男子シングルの出場枠「3」を獲得。この直後は自身の代表入りに大きな可能性を感じていたというが、一方で周囲からの期待が大きいが故にかなりのプレッシャーも感じていたという。

「周りからは、僕が代表に入る、という風に言われていたんですが、やっぱりやっている側としては、めちゃめちゃ大変でしたね。プレッシャーがすごかったです。そこに入ると思われているからこそ、逆に大変というか、これで入れなかったらどうしようというのが頭の中でずーっと駆け巡るわけですよ。そんなところ考えちゃいけないのに、そこに頭がいっちゃうというか。だから練習をして、その邪念をとっていましたね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧