甲子園の優勝旗返還はどうやってやる?電車通勤!? 横浜高校が返還した時

タグ: , , 2018/8/21

 今年、第100回の大会に合わせ60年ぶりに新調された第3代目の深紅の優勝旗だが、8月11日(土)に東京・渋谷区の白寿生化学研究所本社ビルにて実施された「田中大貴と松坂世代たちが今、全てを語る!THE高校野球」トークショーでは優勝旗の意外な移動方法が話題に。

絶対王者から一人寂しい優勝旗返還へ


 1998年の甲子園といえば、ノーヒット・ノーランでの優勝や春夏連覇など、絶対王者・横浜高校。深紅の優勝旗を持ち帰ったが、翌年の夏は地方大会の準決勝で敗退。夏の甲子園大会出場とはならなかった。松坂大輔選手の一学年下で、1998年の優勝メンバーである松本勉さんは、当時をこう振り返る。

「優勝旗を返還しに行った時は、寂しいって気持ちしかなかったですね。一人で寂しいという…」と、優勝旗返還のためだけに一人参加した1999年の甲子園開会式を回顧。さらに、「優勝旗が重すぎて、しかも僕背が低いので、開会式のリハーサルで優勝旗を引きずっていたみたいで…審判の方々に怒られました」と白状した。

・合わせて読みたい→
【特集】同級生が語る 98年横浜 vs PL学園から20年の裏話(http://cocokara-next.com/feature_archive/98-daisukematsuzaka-play-back/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧